ホーム >> 就活コラム >> 面接 >> 【女子必見】好印象を与える「就活のメイク」のやり方・ポイント
更新日 2019.8.15

【女子必見】好印象を与える「就活のメイク」のやり方・ポイント

就活でどのようなメイクをすれば、面接官に好印象を与えられるのでしょうか?この記事では、就活で良い印象を与えるためのメイクのコツから身だしなみのテクニックを解説します!

就活のメイクが大事な理由

画像

普段はすっぴんで生活しているので、就活のためだけにメイクをするのは面倒だと考える方もいるでしょう。

確かに就活をするからといって、面接でメイクが必須というわけではありません。

ですが化粧をするということは、社会人としてのマナーの1つです。

マナーを守れる人かどうかというのも、社会人としての第一歩になります。

面倒だからすっぴんでいいと考えるのではなく、社会人としてのマナーだと捉えてしっかりと化粧をするようにしましょう。

就活でメイクをする意味は、マナーを守るというだけではありません。

化粧をすることによって、自分の見た目をより良いものにすることが可能です。

例えば顔色が悪いというような方もいるでしょう。

そのような方でも明るめの化粧をすることで、自分の見た目の印象を良くすることが可能です。

化粧の仕方次第で、見た目の印象は大きく異なります。

実際に化粧をする場合には、どのようなメイクが自分に合っているのか考えることも忘れないようにしましょう。

就活で大切なのは中身なので、見た目の印象は関係ないと判断する方もいるかもしれません。

もしも面接官が機械であれば、見た目が影響する可能性は低くなります。

ですが面接官は人なので、必ず心象に左右される部分も出てきます。

同じくらいの出来の学生がいたとしたら、見た目の印象が良い方のほうが採用される可能性が高いのです。

見た目も採用試験の1つだと考えて、きちんとした身なりに見せられるようにすることも必要です。

就活でメイクが大切だとわかっているものの、具体的に何をしたらいいのかわからないという方もいるでしょう。

普段は化粧をしない方にとっては、メイク道具自体を使うのが初めてということもあるかもしれません。

ですが誰にでも初めてはあります。

初めてだから化粧はしないと考えるのではなく、初心者でもどのようにしたら見た目の印象を良くできるのか検討することが大切です。

背伸びをする必要はないので、できることから始めていくようにしましょう。

就活のメイクにおいて大切なポイントの1つに、日々のスキンケアがあげられます。

大学生の就活であれば、きれいな肌なら最小限の化粧でより良い印象を相手に与えることが可能です。

ですが肌の状態が悪いと、メイクをしても良い印象を与えにくくなってしまいます。

そこで洗顔のやり方を工夫するなど、肌の調子を整えることから始めましょう。

化粧をする機会が少ないという方は、就活の機会にメイクについて学ぶのも1つの手です。

学ぶといっても、お金をかけて勉強する必要はありません。

例えば百貨店やドラッグストアの化粧品売り場に行けば、アドバイザーの方が在中している場合もあります。

アドバイザーの方に、就活で自分に合ったメイクを提案してもらうことが可能です。

また合同企業説明会などの場では、就活メイクの講座を行っているケースも見られます。

このような機会を活用することで、無料で就活のための化粧について学べます。

初心者の方であっても簡単にできる化粧方法を教えてもらえるのも、参加するメリットの1つです。

就活で化粧をする意味というのは、試験官からの見た目を良くするだけの意味ではありません。

試験官だけではなく本人にも、メリットが存在しているということを把握してきましょう。

そのメリットというのが、気を引き締めることができるという点です。

普段の学校と採用面接では、同じようなモチベーションで行くわけにはいきません。

だからこそ化粧をすることで、自分の気持ちを引き締めて採用面接に行くことも必要です。

今まで化粧をしてこなかった方でも、社会に出たら仕事やプライベートなどでメイクをする機会も増えてきます。

そのため会社説明会や採用面接での化粧は、これからの人生の練習と考えるのも1つの手です。

社会に出てから、化粧が苦手ということになると困るのは自分自身です。

将来的に困らないようにするためにも、就活は化粧の練習をする1つの機会にできるのです。

面倒だからすっぴんと思えるのは学生のうちのみです。

社会に出た時のことを考えて、ファンデーションのつけ方やグロスの塗り方の練習を行いましょう。

実際に就活メイクをするときに忘れてはいけないポイントが、人から見られるということです。

特に採用面接の場では、試験官に自分を観察されることになります。

何となくファンデーションを塗るのではなく、人から見られることを意識することが大切です。

見られることを意識すると、化粧だけではなく身なり全体に気を使うことにもつながります。

顔の見た目だけではなく全体の身なりを気にすることで、社会人としての見た目のマナーを身につけてるようにしましょう。

POINT

✔メイクは社会人女性の「マナー」です!

✔面接における、見た目の印象は重要な要素です!

✔メイクをすることで「気を引き締める効果」もあります!

就活で好印象なメイクのポイント

画像

就活時にはメイクをしていく方が印象が良くなりますのでノーメイクで行くのはよくありません。

若いのだから肌は綺麗だし、イキイキしているから大丈夫というのは就活時には良くないでしょう。

だからと言って濃すぎるメイクは派手に見えてしまいますので、就活時をする上ではよくありません。

理想的なのはナチュラルで自然に見えるメイクですので、濃すぎても薄すぎてもいけないのです。

就活で好印象を与えるメイクのポイントは、清潔感だけではなく知的で優しい雰囲気です。

メイクが薄すぎて不健康に見えたり、清潔感がないと思われるような状態では、無駄に自分の評価を下げる事になります。

メイクによって生き生きとした表情を作り出せれば、清潔感がある健康的な姿を見せる事が出来ます。

知的に見せられる事によって、採用をすれば活躍をしてくれそうだと想像をさせる事が出来るので、知的さも目指していくようにしましょう。

メイクは全体のバランスも大事ですので、一部分だけ上手くしていればいいというものではありません。

全体のバランスが整っていなければ、一つのパーツだけが浮いて見えるようになってもいけませんので、全体のバランスを考えながら行っていかなくてはなりません。

それを踏まえたうえで、パーツごとに必要なポイントをおさえていくといいですので、方法を覚えていく事です。

色白の方が清潔感があると思って、自分の肌の色よりも白いファンデーションを選んでしまうと、顔だけが浮いてしまいます。

首の色とのバランスを見ながら行わなくてはなりませんので、顔全体がうつる大きな鏡を使ってすると、色の違いがよくわかるはずです。

自分の肌の色に近い色を選んでおけば、顔だけが浮く事もなく自然な感じに仕上がっていきます。

疲れがたまっていたり、緊張をして眠れなかった場合など、朝起きたら目の下にクマが出来ている事もあります。

そのままの状態で行けば不健康に見えてやる気がないように見られてしまいますので、クマはきちんと隠さなくてはなりません。

コンシーラーを使って丁寧に隠すようにし、クマが目立たないようにしていくといいでしょう。

一般的に目が大きい方が明るくてかわいい印象を与えますので、普段からアイメイクには力を入れている人も多いでしょう。

目が大きく見えるようにしっかりアイラインを引いたり、つけまつげで大きく見せるようになりますが、就活時にはナチュラルな感じにしなくてはなりません。

つけまつげがNGなわけではありませんが、あくまでもつけているのがわからない程度のタイプを選ぶようにしなくてはなりません。

いかにもつけまつげだとわかるほどのタイプを選んでしまうと、派手な印象を与える事になりますので避ける事です。

あくまでも自然な感じを目指し、毛が細くて柔らかい感じのタイプを選んでおけば自然な感じに仕上がります。

アイシャドウも濃さに気をつけるようにし、柔らかい色のピンクなどを選ぶようにしておく事です。

ラメが入っているとキラキラ輝いて見える為、出来るだけラメがないタイプを選ぶ方が自然に見えます。

アイラインを入れていなければ、目元がぼんやりした感じになってしまいますで、入れるようにしたほうがきりっとした目元にすることが出来ます。

アイラインを入れるなら、太過ぎるラインや長すぎるラインは派手になりますので、細く短く引くようにしたほうがいいでしょう。

ほとんど目立たない程度に入れながらも、目元がきりっとなる程度にはしなくてはなりません。

眉毛は伸びたままにするのではなく、自然な感じにカットしておく必要があります。

あまりにも伸び放題になっていると清潔感がなくなりますので、綺麗に整えておきましょう。

カットする時には細くなり過ぎないようにしたほうが、優しい印象になります。

あまりにも細い眉毛は、冷たい印象を与える事になり、悪い印象になってしまいますので、不要な部分をカットする程度にしておきましょう。

色は眉毛の色に近い自然な色を選ぶようにし、足りない部分を付け足すくらいの感じで大丈夫です。

いくら唇の血行がいい人だとしても、何もつけないのは良くないですので、淡いピンクやベージュを選んでおくといいでしょう。

綺麗に塗る為には、普段から唇が乾燥しないように気をつけておかなくてはなりません。

唇がかさついていると、口紅を塗っても綺麗に見えませんので、乾燥に気をつけるようにし、きれいに口紅が乗るようにベース作りをしておく必要があります。

鏡を見ながら丁寧に塗るようにし、はみ出ないように気をつけましょう。

POINT

✔与えたい自分の印象に合わせてメイクをすることが大切!

✔パーツ毎のメイクの基本を抑えるようにしましょう!

✔各パーツだけでなく、全体のバランスも確認しましょう!

就活で好印象なヘアスタイルのポイント

画像

就活でスーツを着るときにはどんな髪型にすればよいのか、出発の際には髪の毛は真っ黒にしなければだめなのか、髪の長さはどれくらいにすればよいのかなど、ヘアスタイルについて様々な疑問を持つ人は多いものです。

ヘアスタイルをはじめとした身だしなみは、第一印象を与えることから、就活の際には非常に重要となります。

男性の場合には、就活の際は清潔感を与えることが重要であるため、髪の毛は短くカットするのがおすすす。

短くカットするといっても目安の長さがわからないかもしれませんが、目安は相手に自分の顔がよく見えるかどうかということです。

顔をよく見せることにより、相手に表情が伝わりやすくなります。

前髪は眉毛よりも上の方でカットし、サイドの髪の毛はこめかみが隠れないようにします。

もみあげの長さは耳までにカットし、襟足は襟にかからない長さにしましょう。

髪型を美容院で整える場合には、美容師さんにこれらのポイントを伝え、就活用に髪の毛を整えたいことを伝えることで、イメージが伝わりやすくなるでしょう。

普段は髪の毛が明るい色である場合には、就活に向けて染め直しが必要となるでしょう。

その際には地毛に近い自然な色にしてほしいことを美容室で伝えると良いでしょう。

もともと地毛が明るめの色だという場合には、無理に真っ黒に染める必要はありません。

就活の際には髪型は非常に重要ですが、それと同時に大切なのがひげの処理です。

ひげを剃る際には顔の横部分やあごの下などの、自分ではなかなか見にくい部分も鏡に映して、最後まで確認して剃りあげましょう。

もみあげを長く残している場合には、髭の剃り残しのようにも見えてしまうことから注意が必要です。

髪の毛をカットして整えたら、スーツに似合うようにするためにも、雰囲気作りも大切です。

髪の毛を整えるためにはまずブラッシングをしっかりと行いましょう。

なかなか落ち着かないという場合には、水やスタイリング剤をつけてヘアブラシで整えます。

スタイリングをする際にはジェルやワックスなどがおすすめです。

髪の毛の質や作りたい雰囲気により選び方が異なりますが、スーツを着る場合にはきちんとした印象を与えたいので、髪の毛のふくらみやばらつきなどを抑えられるものを選ぶのがおすすめです。

水溶性のスタイリング剤を選ぶことで、手に少しの水をつけて混ぜ合わせ髪をなでつけると、乱れた印象を整えることが可能です。

女性の場合には男性とは異なり髪の毛の長さにも個人差があるため、長さに応じたスタイリングが重要になります。

女性が就活をするときには髪の毛を一つに結んだ方がよいという声も聞かれますが、必ずしもロングヘアで一つに結ばなければならないということではありません。

ショートカットでもボブカットであっても、ポイントを押さえることで特に問題がありません。

ロングヘアの人は、髪の毛を1本に結ぶだけではなく、ハーフアップもおすすめです。

重要なのは長さではなく、相手に顔がよく見えるように工夫をすることです。

工夫するポイントは眉毛と耳が見えるようにすることです。

前髪は横に流したり、眉毛とおでこが少なくとも一部分が見えるように工夫しましょう。

就活の際にはお辞儀をすることがよくありますが、サイドの髪の毛がパラリと落ちてくるようであれば、ピンなどを使い耳の後ろで留めておくと安心です。

髪の毛をスタイリングする際のポイントとしては、女性もまずは髪の毛をしっかりとブラッシングしましょう。

就活のスーツの雰囲気に合うように髪の毛のボリュームを抑えたいという場合には、ジェルやワックスのスタイリング剤がおすすめです。

スタイリングは髪の生え際から全体に向かって付けましょう。

生え際の髪の毛の流れを整えることにより、ヘアスタイルのおさまりも良くなります。

髪の毛をまとめる場合にはシンプルなヘアゴムを使います。

スーツから浮かないように黒や茶色、紺色などの落ち着いた色をセレクトしましょう。

その際にヘアアクセサリーは使わない方がよいものです。

髪の毛をうしろで一本にまとめる場合には、襟足にも注意が必要です。

後れ毛はしっかりとピンで留め、産毛が目立つようであればシェービングをすることで清潔感与えることができます。

就活では髪型を整えることも非常に大切ですが、女性の場合はメイクも同じぐらい重要になるでしょう。

しっかりと髪型が決まっていたとしても、メイクが就活に似合うものでなければすべてが台無しになってしまいます。

女性にとってメイクと髪型は第一印象を決める重要な要素となるため、ポイントを押さえて好印象を与える工夫をしましょう。

POINT

✔男性は、短くカットして清潔感を出しましょう!

✔男性の場合、ひげもしっかりと処理しましょう!

✔女性は、表情が見えるような髪型を心がけましょう!

ヘアメイク以外に気を付けたい身だしなみ

画像

第一印象では顔を見られるようになりますので、メイクがしっかりしていれば大丈夫と思いますが、メイクだけ気をつけていればいいわけではありません。

メイクは身だしなみの一つとして考えるようにし、他の身だしなみも気をつけるようにしておかなくてはならないからです。

就活をし始めるとスーツを着る機会も増えてきますが、普段着ていないものになりますので、なかなか慣れないものです。

スーツは普段の服よりもシワが入りやすいですので、必ず面接の前日にはクローゼットから出すようにして、しわなどが中をチェックするようにしましょう。

朝出して着ようと思った時に異常に気付いてからでは慌ただしくなりますので、前日にチェックしておけば異常があっても慌てずに対応をすることが出来ます。

前日には問題がなかったとしても、当日面接会場に到着をした時に、不慮の事態が発生してしまう事もあります。

スカートがほつれてしまったり、ボタンが取れてしまう可能性も考えられますので、裁縫セットを持ち歩くようにしておくといいでしょう。

万が一ボタンが取れた状態になっていると、いざ面接を受ける時に前を開けたまま面接を受ける事になります。

そのような状態では悪い印象を与える事になる為、不慮の事態に対応できるように裁縫セットを持っておくと安心出来るでしょう。

身だしなみによってはだらしないという印象を与える事もありますので、面接のマイナスポイントになってしまいます。

就活は社会人としての第一歩を踏み出すためのステップですので、いつまでも学生気分ではなく社会人としての身だしなみも身につけるいいきっかけです。

就活時に身だしなみが整えられるようになっておけば、社会人になってからも恥ずかしい思いをしなくてもすみますので、就活時から気をつけるようにしましょう。

男性であればシャツはズボンの中にきちんと入っているか、女性であればスカートの中にきちんと入っているかを確認しておかなくてはなりません。

シャツやブラウスの素材によっては、ツルツルすべるようになっていますので、きちんと入れたつもりでもはみ出やすくなっているからです。

特にウェスト部分が緩いものをはいていると、さらにはみ出やすくなる為、面接を受ける前にチェックしておく事です。

ジャケットからちらちら見えるようではだらしなさを強調してしまいますので、家を出る時だけではなく、面接を受ける前のチェックも怠ることが出来ません。

スカートはズボンとは違い、綺麗に履いていても歩いたり動いたりする事によって、中心位置がずれてしまう事があります。

後ろにスリットが入っているタイプのスカートだったとしても、気が付けば横に回っているという事もありますので、気をつけなくてはなりません。

面接時には、面接官に正面から見られるだけではなく後ろ姿も見られる事があるかもしれないでしょう。

後ろ姿になった時に、スカートの位置がずれているようでは、だらしないと思われるようになり、最後の印象が悪くなります。

面接が終わりかけると緊張がほぐれてきますが、最後の最後まで気が抜けません。

面接の部屋を出る時だけではなく、面接会場を出て家に着くまで緊張感を続けておく事です。

普段の服では目立たなかったとしても、就活用のスーツを着ていれば、フケが落ちていれば目立つ事になります。

肩にフケが乗っているのは身だしなみとして整っているとは言えませんし、清潔感が全くありません。

フケが出ないように普段から清潔を心がけるようにし、肩にフケが落ちないようにしておきましょう。

靴は目立たない部分になりますが、椅子に座って面接をするような場合は、案外目立つ部分になります。

泥やホコリがついていれば綺麗に見えませんので、きちんと磨いておかなくてはなりません。

男性が靴ひもがあるタイプを選んでいるのであれば、靴紐がほどけていないかもチェックしておきましょう。

きちんと結んでいたとしても、いつの間にかほどけてしまう事もありますので、足元まで気を抜かないようにしなくてはなりません。

ンカチは面接中には使う事がなかったとしても、待ち時間やトイレに行った時には使う事もあります。

その時にしわだらけのハンカチではだらしないと思われますので、きれいにアイロンをかけるようにしておきましょう。

トイレや面接の部屋以外でも誰に見られているかわかりませんので、気を抜くわけにはいきません。

ハンカチなど見られる事はないだろうと思っていたとしても、案外見られているものですので、使用後も綺麗に折りたたんでカバンに入れるようにしておくといいでしょう。

POINT

✔スーツにシワが付いていないか確認しましょう!

✔靴が汚れていないかのチェックも怠らないようにしましょう!

✔アイロンのかかったハンカチも持っていくようにしましょう!

まとめ

人は見た目の印象に非常に大きく左右されます。就活の面接でも例外ではありません。見た目が良いに越したことはありませんので、この記事を参考に、好印象のメイクや身だしなみをするようにしましょう!

jobspring

JobSpring

【20/21卒の方は必見!】
★学生の満足度は驚異の95%!
AIマッチングで本当に合う企業が見つかる!
★提携会社数は約1000社を越え!

_

無料で就活のプロに相談 ▶︎