ホーム >> 就活コラム >> 面接 >> SPI適性検査ってなに?検査の方法や対策方法について詳しく解説します!
更新日 2019.11.26

SPI適性検査ってなに?検査の方法や対策方法について詳しく解説します!

カテゴリ

採用における適正検査として、多くの企業が利用されているのが「SPI」です。

就職や転職活動を進めていくうえで、ほとんどの方が受けることになるテストです。

しかし、SPIの適性検査とは、具体的にどのようなテストなのでしょうか。

また、テストを受講する前に、どのような準備や対策が有効なのでしょうか。

そこで、ここではSPI適性検査の基本と有効な対策について解説していきます。

これから就活や転職活動を始める方は、ぜひ参考にしてください。

SPI適正検査とは

画像

まず、SPIとは何でしょうか。

SPIとは、「Synthetic Personality Inventory」の頭文字を取った略称で、株式会社リクルートマネジメントソリューションズが提供する総合適性検査のことを指します。

株式会社リクルートマネジメントソリューションズは、人材サービス業界で有名なリクルートグループの会社で、主に人材採用や人材育成に関するサービスを提供している企業です。

このSPI適正検査を受講させることで、応募者の人柄や性格、職場への適応性などを企業は知ることができます。

そのため、企業の人事担当者はSPI適正検査の結果を参考にして、応募者の適正を判断しているのです。

このSPI適正検査を導入するメリットは、単なる知識や学力を測るものではなく、受講者の人間性や考え方、性格やパーソナリティなどが結果に現れることです。

そのため、企業は自社の風土や文化にあった人物であるかを判断することができるのです。

さらに、このSPI適正検査の結果によって、企業の人事担当者が入社後の配属先を決めている企業もあるぐらいです。

このように、企業がSPI適正検査を導入することは、就職や転職における採用において多くのメリットがあるのです。

この適正検査は広く日本の採用文化に広まっており、さまざまな人材サービス会社から適正検査テストが提供されています。

そのなかで最も利用されているのが、リクルートマネジメントソリューションズが提供するSPIなのです。

そのため、これから就職活動や転職活動を始めようと考えているのであれば、適正検査の準備としてSPIのテスト対策を行っておくのが絶対におすすめです。

POINT

✔リクルートグループが提供する適性検査

✔人柄や性格、職場への適応性などが分かる

✔適正検査ではSPIが最も普及している

SPI適正検査のテスト内容

画像

それでは、SPI適正検査とは、具体的にどのようなテストなのでしょうか。

テストの内容が分からなければ、事前に準備することもできないですよね。

そこで、ここからはSPI適正検査の内容について解説していきます。

テストの内容は大きく分けて2つに分類することができます。

それが、「基礎能力検査」と「性格検査」です。

基礎能力検査とは、仕事を進めるうえで必要となる基本的な能力を測定するための検査です。

基本的な能力とは、例えば文章を読んで理解する能力や物事を論理的に考えことができるスキルなどを指します。

この仕事における基本的な能力を、様々なテスト問題で測定できるようなテスト構成になっています。

具体的には、文章を読んで趣旨を掴めているかのテストや、数学的な問題などが出題されます。

性格検査とは、受講者の性格や思考のクセ、パーソナリティを定量的に測るための検査です。

具体的には、本人の考え方や夢、目標、習慣などの多角的な質問によって構成されています。

受講者のパーソナリティを読み解くのが目的なため、数学のように絶対的な正解がないのが大きな特徴です。

POINT

✔「基礎能力検査」と「性格検査」の2分野

✔基礎能力検査は、仕事の基礎能力を測定

✔性格検査は、パーソナリティを測る検査

SPI適正検査の受験方法

画像

さて、ここまでSPI適正検査の具体的なテスト内容について話をしてきました。

どのようなテストなのか、具体的なイメージが持てたのではないでしょうか。

そこで、ここからは実際にテストを受ける方法について解説していきます。

SPI適正検査には、全部で4つの受講方法があります。

それが、次の4つの方法です。

「ペーパーテスティング」

「テストセンター」

「インハウスCBT」

「WEBテスティング」

この4種類の受講方法から、各企業はケースに合わせて受講方法を選び、SPI適正検査を利用しているのです。

受講方法によってテストの準備や心構えが異なるため、それぞれの受講方法の特徴を理解しましょう。

「ペーパーテスティング」とは、企業側が用意した会場などの受講場所において、マークシート方式で受講させる方式です。

会社説明会や一括・グループ面接時などで実施されることの多い受講方法です。

「テストセンター」とは、リクルート側で用意した専用の会場で受講する方式です。

会場の手配や試験監督、運営スタッフなどはすべてリクルート側が用意するので、企業は受講に関する負担が少なく済みます。

実際のテストはパソコンによる受講になります。

「インハウスCBT」とは、応募者が面接などで企業に伺った際に、企業が準備したパソコンで受講する方式です。

オンラインで採点されるため、企業はすぐにテスト結果を確認することができます。

「WEBテスティング」とは、応募者の自宅などで、自身のパソコンを使って受講する方式のことを指します。

応募者の都合の良い時間に受講することができるので、受験者にとっては非常に負担が少なくテストを受けることができる方式です。

POINT

✔受験方法は全部で4種類ある

✔ケースによって企業が選択できる

✔ペーパーテストとWEBテストがある

おすすめのSPI対策

画像

さて、SPI適正検査に関して、だいぶ理解が深まったのではないでしょうか。

ここからは、SPI適正検査を受ける方のために、具体的なテスト対策の方法を紹介していきます。

絶対に取り組んで欲しいのが、問題集を実践してテスト形式に慣れることです。

SPI適正検査は通常のテストとは異なる問題が多いため、慣れることが大切だからです。

書店にいけばSPI対策の問題集がありますので、気に入った一冊を購入するようにしましょう。

また、新聞や読書で読解力をつけるのも大切です。

読解力や語彙力、物事の理解力が必要とされる問題が多いからです。

とくに、時事問題などは面接で聞かれることもありますので、就活や転職活動中は新聞には必ず目を通すようにしましょう。

SPIの問題集が収録されているスマートフォン用のアプリが数多く出ています。

アプリであればスキマ時間などで勉強できます。

無料のアプリも多いので、ぜひ探してみてください。

POINT

✔問題集でテスト形式に慣れる

✔新聞や読書で読解力をつける

✔SPIアプリでスキマ時間に勉強

まとめ

画像

さて、ここではリクルートグループが提供する適正検査「SPI」について解説してきました。

SPI適正検査の基本から、テスト内容や受講方法、具体的なテスト対策までを説明してきましたので、とても参考になったのではないでしょうか。

ここで解説した内容を参考にして準備を行い、ぜひ理想の企業から内定を勝ち取ってください。