ホーム >> 就活コラム >> 長期インターン >> 長期インターンの特徴や期間について、おすすめのインターンは?
更新日 2020.11.4

長期インターンの特徴や期間について、おすすめのインターンは?

ベンチャー企業などを中心に、導入が広がる長期インターン。その特徴と、おすすめの長期インターンの探し方などをこの記事では徹底解説します。この記事を参考にすればきっと、ご自身にぴったりのインターン先が見つかるはずです!

長期インターンの特徴と内容

画像

長期インターンでは、職場や業界の仕事について研究することが可能です。

職業体験などの取り組みの一環で企業の業務を一部体験したことがある方もいるかもしれませんが、そのような短期的なものとは違って希望する職業について業務を通しながら詳しく知ることができます。

そのため事前に情報を収集するだけでなく、業界について研究しておくことで就活に有利に働くことも考えられます。

事前にインターネットで情報収集を行う方も少なくありませんが、それでは具体的にどのような業務が存在しているのか、漠然としか理解できない方も多いのではないでしょうか。

内実まで理解することができていなければ、実際に職場で仕事をする際にも支障が出てしまうかもしれません。

また就職した後にイメージと違った業務内容だとしたら、困ってしまう方も多いでしょう。

その業界の業務内容について理解するためには、実際に業務を行ってみることが一番です。

そのために長期インターンを利用して希望している職業について、しっかり理解しておく必要があります。

業務を理解したり業界について詳しく知って研究したり、長期インターンを利用する上では様々な目的があるものです。

しかし実際に仕事を行っていくのであれば、業務や業界について理解しているだけでは困難な場合もあります。

例えば「入社した後に仕事に慣れよう」と思っていても、中々慣れることができずに同期の社員に遅れてしまうことも考えられます。

また企業の負担になっていると考えられてしまうと、重大な業務をずっと任せてもらえないことになるかもしれません。

事前に長期インターンで業務を続けていれば、必然的にその業務に関してのスキルも向上していきます。

ただ単に情報を収集して知識を得るだけではなく、就職した後でも活躍できるようなスキルを事前に身に着けることも可能です。

長期インターンは、よく職業体験のようなものと言われることもありますが、職業を体験することができるだけではありません。

アルバイトなどと同じように、任せられた業務をしっかりこなすことでお給料が発生します。

学生であれば、希望していた職業の業務を体験しながら日々の生活費を稼ぐことができるのは、嬉しいシステムではないでしょうか。

事前に長期インターンに参加することで就活に有利に働くこともありますが、収入を目当てに参加しようという方も少なくありません。

長期インターンの特徴

✔業界や職種の理解が深まる

✔ビジネススキルを身につけられる

✔収入を得ることが出来る

画像

回答

✔任せられる仕事のレベルが違います。

長期インターンは、よくアルバイトと比べられることの多い制度です。

中には、「アルバイトとの違いは何?」と疑問を持つ方も少なくありません。

実際に業務を行いながら、お給料をもらうことができる点ではどちらも同じですが、任される業務に違いがあります。

アルバイトと言えば、お手伝いやちょっとした仕事しかすることができないことも多いです。

ですが長期インターンであれば、業績が良ければ常に責任が伴う重大な仕事を任される立場になれる可能性もあります。

そのため、アルバイトに比べると収入も多く生活していくことも簡単になります。

また、アルバイトとは違って様々な企業から募集がかけられているため、上場企業であっても働くことが可能です。

回答

✔能力次第では、社員と同等以上の業務を任されることがあります。

✔職種は「営業」「広報」「マーケティング」「デザイン・開発」など

職種としては、大きく、「営業」「広報」「マーケティング」「デザイン・開発」などの求人があります。

企業によってどのポジションを求めるかは全く異なりますが、どの企業でも、能力次第では、社員と同等かそれ以上の業務を任される場合があります。

営業であれば、テレアポや、訪問営業などが主になります。成約数によって成果報酬が発生する場合もあります。

広報であれば、企業や製品のブランド認知を広めるための業務を行います。例えばイベントの開催、プロモーション企画の運営、各種メディア対応、外部向けの配信資料の作成などが担当となります。

マーケティングは、商品企画、商品の販売促進、広告運用などを行います。

デザイン・開発は、デザイナーやエンジニアとして、制作物を作成していく職種となります。専門技術が必要となります。

回答

✔人気の企業であれば、インターンに落ちる場合もあります。

長期インターンに関わらず、インターンでは応募人数が募集人数を上回っていた場合、採用されずに参加できないこともあります。

基本的に面接のように採用するかどうかを決められるので、応募理由や学歴、職歴などが重点的にチェックされた上で参加者が決められます。

そのため自然と高学歴で能力がある学生が優先的に採用される傾向にあります。

業界に適した技術があれば採用される可能性は高いので、一度応募してみるのも良いでしょう。

回答

✔自分次第ですが、1ヶ月以上が基本です。

期間は様々ですが、基本的に1か月以上から募集している企業が多いでしょう。

1か月も業務を行っていれば仕事についてある程度理解でき、企業側も参加者について知ることができるためです。

ですが辛くなった場合や他の職業に興味が出た場合、途中でやめることもできます。

画像

インターンには長期と短期の二つがありまして、期間が違うだけで行なわれる内容や特徴も変わります。

短期間で行なわれることは企業の一員として働くことがメインではなく、学生同士のグループワークが中心になることが多く、積極的に行動していかなければなりません。

責任感が求められる内容を要求されることはありませんが、真剣に取り組まなければならないのは変わりありません。

短期インターンで実際に企業に赴いて働く期間は1週間前後になりまして、さらに短いものであれば1日で終わるものもあります。

期間が短く設定されていますので大勢の学生が参加しやすく、気軽さもありまして、就活対策として利用される側面もあるでしょう。

すぐ終わりますから長期と違ってタイミングを考える必要があまりなく、就活に間に合いやすく、自分の好きなタイミングで参加できるのです。

インターンと聞くと企業の仕事を手伝ったり、多くのことを学んだりして勉強していくと思いがちですが、短期で行なう場合は学生同士でグループワークをしたり、ディスカッションをしたりとお互いに高め合っていくことが多くなります。

もちろん何も企業の仕事をしないということではありませんが、長期的に行われるものと違って単純な作業なものが多く、気軽さがあるでしょう。

しかし、与えられた仕事は丁寧に行わないといけませんし、どんな仕事内容であっても真剣に取り組む必要があり、それら一つ一つが評価されるのです。

長期インターンの特徴やメリットもたくさんありますが、短期でも同じように得られる経験が多数あります。

期間が短いから経験をあまり積めないと思ってしまいそうですが、逆に言えば多くの企業に参加できるという意味でもありまして、さまざまな業種や企業を現場で体験することにより、多くの経験と情報を集められますから就活で有利になります。

自分の将来を考えている時に経験を積んで、情報を集められるのは大きな財産であり、選択肢を増やせるでしょう。

インターンに参加している学生は同じ目的を持っている学生ばかりですので、横のつながりを作ることができます。

それに短期間で多くの企業に出向くことになりますから人脈を広げるという観点からしたら最適であり、モチベーションを高めたり、切磋琢磨したりすることが可能です。

特にグループワークやディスカッションが中心に行われるのが特徴的でもありますので、接点が生まれやすく助け合っていく仲間とも言える存在になっていくこともあるでしょう。

実際に行なう内容は単純なものであっても同じ目的を持っている学生同士なので、自分一人ではないことを実感することができることが短期インターンの特徴と言えます。

短期インターンの特徴

✔インターンを通じた学生同士での交流も魅力的です

✔互いに切磋琢磨していく貴重な仲間を見つけることもできます

✔様々な業界や職種を知ることができます

メリットがあればデメリットがあるのが当然であり、参加すれば就活に良い方向で働きますが注意しなければならないこともあります。

何も考えずにインターンに参加すると得られるものがなくなり、ただ参加していただけになりますので自分で物事を考えて意識的に参加する必要があるでしょう。

短期の場合は学生同士のグループワークが中心となりますので、どうしても現場で働いている雰囲気が掴み辛くなります。

実際の仕事を任してもらった方が現場を理解することができ、有意義に過ごせるので、期間が短い部分のデメリットになります。

もちろん意識的に現場の雰囲気を知ろうと積極的に行動すれば大丈夫ですし、雰囲気を知った上で就活することをおすすめします。

多くの企業に参加できるのがメリットでもありますが、それだけ多くの学生が利用できるということもありまして人気の企業になればなるほど倍率が高くなり、選考も厳しくなって合格し辛くなります。

先に情報を見つけて予約したからインターンに参加できるという訳ではなく、選考が行われますので自分の行きたい意志や希望だけでは難しい面があります。

一つの業種に絞らず、自分の興味があることだけではなく広く浅く利用することによって、今まで知らなかったことを知れたり、経験できたり、将来性を広くしてくれたりするので、よく考えて選ぶことも大事です。

基本的に、短期インターンは募集時期が重なりがちです。

そのためスケジュール管理が厳しくなり、1日に2つ以上のインターンをこなす学生も出現するほどです。また、気をつけておかないと、ダブルブッキングなどのトラブルが発生します。

そうなると企業からの印象は最悪となりますし、就活にも大きな英起用を及ぼしますので、スケジュール管理には気をつけましょう。

短期インターンのデメリット

✔現場の雰囲気が掴み辛い時がある

✔企業によっては人気で、参加し辛い

✔募集時期が重なってスケジュール管理が難しい

画像

長期インターンは長期間にわたり同じ企業で働くことになるため、就職活動における情報量が減ってしまうのではないかと懸念する学生も少なくありませんが、実際には長く働くことでしか得られない様々な情報と経験を得ることができる貴重な期間として利用することが可能なものとなっています。

インターンの中には事業の内容を知ることができる業務は意外と少なく、重要な仕事は与えられることが少ないため実際に就職をした後でどのような働き方ができるのかについて十分に知識を得ることができない場合も少なくありません。

インターンを利用した学生の中にはその経験が自分に合っていると判断し入社をしたけれど実際に仕事をしてみるとその時とは仕事の進め方が大きく異なっており結果的に退職をしてしまったと言う人も多いのが実態です。

長期インターンでは責任のある仕事を任されることも多いため実際の企業の本来の働き方を知ることができ、就職活動を行う上で非常に重要な情報を得ることができるものとして注目されているのです。

長期インターンは企業に入って働く期間が長いため、様々な仕事を経験することができるほかに1人で責任のある仕事を任されることも多いのが特徴です。

営業職であれば自分の顧客を持つところまで至るケースも多く、売り上げを上げることで企業に貢献する立場となることも多いのです。

そのため社員と同じような働き方を経験することができ、実際の仕事の面白さやその辛さも経験することができるのがポイントとなっています。

社会人として求められることの1つに、自らが働いたことでその成果を上げることがあります。

企業は社員に対して働いたことに対する成果を求め、その成果に対して対価として給料を支払っている側面があるのです。

そのため実際の社会人として行わなければいけない仕事の進め方やその成果の上げ方についての経験をすることができる長期インターンは実際の働き方を経験できる機会として非常に有効なものとなっています。

学生が就職活動を行う際に最も見落としがちなのが社会人になることに対する責任です。

企業に就職することで企業の一員としてたち振る舞わなければならず、その立ち振る舞いによっては企業に様々な影響を及ぼしてしまうことも多いのです。

長期インターンで働く場合には責任ある仕事を任されることが多く、顧客に対してはその企業の社員として向き合わなければならないため行動一つ一つに責任が生まれることになります。

その体験をすることができるのが長期インターンの特徴です。

就職活動において知ることができる企業の情報は一般的には人材の募集における企業の一方的な情報であることが少なくありません。

その内容が企業に対して好意的なものが多く、実情についてはわからない面が多いのです。

しかし長期的に企業に入り責任ある仕事を任されることで企業の面には現れない様々な側面が理解できるようになります。

その情報は口外できないものも多いのですが本人にとっては貴重な情報となり、また就職先を決める上で非常に重要な情報ともなるため有益な期間を過ごすことができるものとなっています。

画像

学生の中には就職活動を行いながら生活費のためにバイトやパートを行っていると言う人も少なくありません。

バイトやパートが就職活動に役立つケースもありますが一般的には就職活動に必要な情報をバイトやパートから得ることが少なく、自分で様々な企業の情報収集をして就職活動を行っているケースがほとんどです。

長期インターンでは給料が支給されることが多いため収入を得ながら企業の中の仕事の内容を知り、また一般的な就職活動では得ることができない事業の重要な部分の仕組みを知ることができることも少なくありません。

長期間同じ企業でインターンとして勤務する事は時間的な制約が多くなってしまうと懸念する人も少なくありませんが、実際にはより深くその企業について知ることができる機会となっているため非常に有効な就職活動を行うことができる期間となります。

企業側との契約にもよりますが基本的に学生である立場上就職活動を制限されるものでは無い為、様々な知識を得ながら就職活動を行うことができる点が非常に有利となります。

長期インターンを利用することでより深く企業の仕事に入ることができますが、これはその業界の多くの企業の状態を知ることができることにもつながります。

責任ある仕事を進めるためには同業他社の状況やその傾向について知らなければならず、またこれらの情報まとめて社内に展開しなければならない責任も生じてしまうため、効果的に市場や他社の動向を知ることができるようになるのです。

これは就職活動の側面でも非常に重要な情報となるため、総合的に多くの情報を集めることが可能となる点が魅力となっています。

長期インターンのメリット

✔スキルを身に付けて企業の売り上げに貢献することもできます

✔企業の経営や業界について深く知ることができます

✔業績に応じて収入を得ることも可能です

長期インターン先を探す方法

画像

志望先が決まっていない場合の探し方は、以下の①〜③の探し方を試してみて下さい。

大学の約7割以上が長期インターンで単位を付与するシステムがあります。

せっかく時間をかけるのであればその方が単位取得に有利になります。

そのような条件のものを探すには、大学の就職支援を行なっているところで相談する必要があります。

同じ企業に募集人数以上の申し込みがないように調整しているため、勝手に申し込むわけには行きません。

人気のある企業はすぐになくなってしまうので、早めに申し込むようにしましょう。

学科によって申し込めないところもあるので事前に確認しておかなければいけません。

学生時代にお世話になった先輩が就職した会社で募集しているようなら、教えてもらう方法があります。

そうすれば話も聞きやすいし、インターン中もいろいろと相談することができて助かります。

まずは先輩に連絡を取って相談にのってもらいましょう。

先輩に窓口になってもらって情報を聞き出したら、直接連絡して申し込みを行います。

あまり先輩にお願いばかりしていると印象が悪くなる恐れがあるので注意しましょう。

やむを得ない事情もないのに簡単に断ったり、問題を起こしたりすると先輩に迷惑がかかるので注意が必要です。

特に先輩のつてなどもなく、単位も関係ないようならまとめて紹介しているサイトを見てみるのも良いでしょう。

複数の企業を比較することができるので便利です。

自分が興味のある企業を見つけたら申し込みをしてみましょう。

インターンの場合、決められた時間に毎朝通うことになるので無理な場所を選ぶことができません。

地域別の表示があれば通勤圏ないかも確認できるので安心です。

サイトによって得意とする分野が違うことがあるので、できる限り多くのサイトを見てみると良いでしょう。

中にはインターンに関する講習を行なっていることがあります。

あとから気がつくような情報の漏れがないように注意が必要です。

志望先が決まっていない場合の探し方は、以下の④〜⑤の探し方を試してみて下さい。

本当に行きたい企業があるのなら直接申し込む方が安心です。

その企業のWebページを確認して募集要項を確認しましょう。

もし見つからない場合は公開していない恐れがあるので、直接電話をしてみると良いでしょう。

人事部などがあればそこで教えてもらえるはずです。

ネット社会なので電話で連絡をとる方が印象に残るかもしれません。

インターンを受けた場合、他の学生よりも就職活動で有利に扱われます。

確実な就職を期待するのであれば参加は不可欠です。

早めに行動を起こして遅れないように注意が必要です。

競争率が高い恐れもあるので、第3希望ぐらいまで考えておきましょう。

もし希望する企業のプログラムがなく長期インターンに参加できない場合は、同じような業界や職場を選ぶと高い効果が得られます。

そこに就職することで、どのようなことをするのかと言うことを体験するのが目的です。

だからやりたい業界や職種が決まっているようなら、他の企業で近い業務内容の長期インターンを探しましょう。

希望する就職先との面接の時にコメントに箔がつくことになります。

他社でも同業の仕事を経験したことは、即戦力に近くなるので採用の確率を上げることができます。

ただし、できる限り希望の職種に近くなるように心がけましょう。

同じ業種で違う職場ではわかることが少なく、意味がない場合があります。

なるべく希望する企業の中でやりたいと思っている部署を目指して申し込みを行います。

長期インターンの探し方

①参加することで単位がもらえる学校からの推薦で選ぶ方法

②お世話になった先輩が就職した企業を紹介してもらう方法

③インターンの情報をまとめて掲載されているサイトを利用する方法

④本当に行きたい企業なら直接申し込むのが確実な方法

⑤やりたいことが決まっているなら業界や職種で絞り込み

まとめ

如何でしたでしょうか?インターンには短期と長期があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。ご自身のご希望にあわせて、ぴったりのインターンをこの記事を参考にして見つけてください。