ホーム >> 就活コラム >> 大学生活 >> 【大学生に人気】営業アルバイトの実態とは|仕事内容や就活での役立て方
更新日 2019.10.24

【大学生に人気】営業アルバイトの実態とは|仕事内容や就活での役立て方

大学生になるとアルバイトをする学生が多いです。

アルバイトには色々種類がありますが、その中の1つが営業バイトです。

営業バイトの経験は、就職活動など将来に役立ちます。

そこで今回は、大学生による営業バイトの実態について紹介していきます。

また、同じく将来に役立つ長期インターンシップについても紹介するので、未来志向の学生の方は参考にしてみてください。

大学生がよくやっている営業のアルバイトってなに?

画像

大学生がよくやるアルバイトの1つが営業です。

営業バイトは、将来的に役立つこともあり、学生からも人気のあるアルバイトとなっています。

そこでまずは、営業バイトについてと具体的な営業バイトについて紹介していきます。

営業とは、企業や個人に訪問・電話などで自社の商品やサービスを販売する仕事のことです。

大学生OKのアルバイト求人の中にも、営業という職種で募集している企業が多くあります。

求人募集をしている企業によって採用基準は異なりますが、経験不問・未経験歓迎というケースが多々あります。

そのため、大学生であっても営業バイトをすることが可能です。

また、営業とは少し違いますが、営業のサポートする営業アシスタントという職種のバイトもあります。

いきなり営業をするのは不安という学生は、営業アシスタントを募集している企業に応募するのもありです。

大学生の営業バイトは、将来的に役立つと言われています。

その理由は、営業スキルを身に付けることができるからです。

営業で成功するためには、トーク力やコミュニケーション力などの営業スキルが必要です。

実際に営業をすることによって、それらのスキルを手に入れることができます。

これらのスキルは営業だけでなく、他にも様々な場所に活かすことが可能です。

就職活動においてもアピールできるポイントとなります。

このように、大学生時代に営業バイトを経験することが将来的に役立つのです。

代表的な営業バイトの1つが教材販売です。

業務としては、教材の対象となる子供がいる家庭に訪問して教材を販売するというものです。

場合によっては、訪問するのではなく電話によって販売する企業もあります。

営業バイトとしては、不動産関係のもあります。

不動産の営業バイトは、どちらかというと営業アシスタントのケースが多いです。

仕事をしながら不動産に関する知識を得ることができるため、将来的に不動産業界に進みたい大学生から人気となっています。

携帯電話・スマホの販売をする営業バイトも、学生からは人気があります。

携帯ショップでの業務となっており、営業というよりも接客業務に近いです。

ただ、ベストのプランをアドバイスするなど営業としての要素もあります。

POINT

✔営業にはコミュ力が必須

✔電話販売をする企業も

✔不動産業界のアルバイトも人気

営業バイトの実態は?給料体系はどうなっている?

画像

大学生が営業バイトに挑戦する場合、気になるのが実態についてではないでしょうか。

また、給料体系も知っておかないと不安です。

そこでここからは、営業バイトの実態と給料体系について紹介していきます。

営業バイトは「きつい」と感じる学生が多いのも現実です。

なぜなら、営業バイトにはノルマがあるケースが多いからです。

ノルマを達成しなくても問題ない企業が多く、ノルマ=目標のような形になっていることもあります。

それでも、目標を達成できないと精神的にきつくなっていきます。

しかも、営業は断られることが多いのが一般的です。

とくに新規顧客獲得を目指す営業バイトでは、販売数・契約数よりも断られる件数の方が圧倒的に多くなります

場合によっては厳しい言葉で断られることもあり、精神的にきついのです。

ただし、だからこそ契約が取れた時・販売できた時の嬉しさを感じることもできるのです。

営業バイトの給料体系としては、時給+インセンティブというケースが多い傾向があります。

インセンティブは、販売数や契約数に応じて変化するのが一般的です。

もちろん、多く販売・契約をすることでインセンティブをゲットし、給料が多くなります。

簡単に言ってしまえば、結果を出すことによってより多くの給料を得ることができるのが、営業バイトの一般的な給料体系となっているのです。

POINT

✔営業は断られることが一般的

✔精神的苦痛を感じることも

✔時給+出来高の給与体系が多い

営業バイトはつらいの?体験談とは

画像

大学生の実際にあった営業バイトの体験談を知ることで、より具体的に営業バイトについて理解することができるでしょう。

そこでここからは、営業バイトの体験談を紹介していきます。

教材販売の営業をしたのですが、なかなか売れない時期はつらかったです。

ノルマはないのですが、1日中家庭を訪問して売れなかった際は精神的にきつかった。

それでも、徐々にセールストークのコツを掴み、いざ売れるようになると楽しく営業ができるようになりました。

今では、「努力や積み重ねが大切なのかな」と思っています。

大学生時代に行っていた訪問販売の営業では、とてもインセンティブが高い契約となっていました。

時給+インセンティブという形式だったのですが、時給はとても抑えられておりインセンティブ重視の会社だったのです。

それだけに、販売に成功すれば稼ぐことができるため、高いモチベーションを維持して頑張ることができました。

訪問相手によっては、厳しい言葉を投げかけてくる人がいて辛いと感じるときもありましたが、今となっては良い経験ができたと思っています。

大学生時代に色々なバイトをしましたが、その中の1つが不動産の営業アシスタントです。

社員さんのサポートが主ですが、お客さんとの接客業務も行いました。

お客さんの要望をしっかりと聞き出すなど、どうしてもコミュニケーション力が必須のバイトでした。

最初は上手くいかず社員さんがフォローしてくれたものです。

しかし、バイトを辞める頃には、コミュニケーション力も身に付けることができ成長することができました

POINT

✔売れない時期は精神的にきつい

✔コツを掴むと楽しくなる

✔高いコミュニケーション力が身に付く

営業バイトよりも長期インターンシップのほうがいい?

画像

大学生の中には、営業バイトよりも長期インターンシップを選択する学生も多いです。

実は、営業バイトと同じように長期インターンシップも将来に役立ちます。

そこでここからは、長期インターンシップについて紹介していきます。

長期インターンシップとは、3カ月以上就業するプログラムのことを指しています。

短期インターンシップに比較し、就業期間が長いので実践的なスキルを獲得することができます。

給料は有給であり、基本的には社員と同じような業務を行うのが一般的です。

営業バイトより長期インターンシップがおすすめの理由は、気になっている業界の雰囲気を知ることができるからです。

営業バイトは、名前からわかるように営業に特化しています。

しかし、長期インターンシップでは営業以外にも、業界の様々な業務について経験をすることができます。

そのため、自分に向いている業界なのかを知ることができ、将来に役立てることができるのです。

POINT

✔長期インターンシップがおすすめ

✔実践的なスキルが身に付く

✔業界について学ぶことができる

まとめ

画像

大学生にとって、営業バイトは将来に役立つアルバイトの1つです。

営業スキルやコミュニケーション力などを身に付けることができます。

つらいことや大変なことが多いバイトではありますが、成長という観点からすれば意味のある経験を積むことができます。

同じように、将来に役立つのが長期インターンシップです。

営業だけにとどまらず、業界の様々な業務について知ることができます。

後悔しない大学生活にするためにも、自分を成長させることができる長期インターンシップに参加してみてください。