ホーム >> 就活コラム >> 短期インターン >> ニトリのインターンは内定直結型?エントリーシートや面接対策を紹介
更新日 2020.10.6

ニトリのインターンは内定直結型?エントリーシートや面接対策を紹介

ニトリはインターンからの採用も狙える企業です。

また、インターンに参加することにより、ニトリのイメージは大きく変わることでしょう。

企業に関する情報をしっかり得ると同時に、職場体験という形でニトリを理解していく必要があります。

この記事では、ニトリのインターンについて説明します。

また、選考フローや面接等の対策についても解説します。

この記事を読んで、ニトリのインターンについて理解し、応募を検討するといいでしょう。

株式会社ニトリについて

ニトリは家具を扱っている企業でありましたが、徐々に様々な商品を手掛けるようになり、現在では住宅に必要な様々な商品を扱う企業となりました。

こうしたニトリの沿革や基本情報について説明します。

ニトリは1967年に似鳥家具店として北海道で創業した企業です。

徐々に北海道内に店舗を展開し、知名度を高めていきました。

現在の社名に変わったのは1986年で、その後1993年に本州へ進出、2000年代に入ると一気に店舗を拡大して現在に至ります。

現在ニトリの正社員として働いている人は約4,000人で、この他に非正規雇用で仕事をしている人が1万人以上います。

正社員として仕事をしている人も多くいますが、店舗でパートやアルバイト契約で働いている人も多数いる企業です。

現在は店舗による販売のほか、ネットショップによる販売も実施しています。

また、海外へも積極的に店舗を展開しており、台湾や中国、アメリカといった地域に店舗を展開しています。

現在でも海外進出も積極的に検討している企業です。

ニトリが求めている人材は以下の通りです。

  • 夢を実現しようと努力している人
  • 高いクリエイティブ能力を持つ人
  • 挑戦心の高い人

このような人を求めています。

特に自分の夢を実現しようとする人、挑戦心を高く持ち、様々なことに挑戦しようと考えている人を募集しています。

こうした人材を確保し、経験を積ませながら将来的に多くの仕事に挑戦してもらいたいとニトリは考えています。

ニトリのインターンの内容と選考フローとは

ニトリはインターンシップに多数のコースが用意されています。

このコースをしっかりと確認すると同時に、どのような形でインターンシップが進められていくのか理解しておきましょう。

TRIALコースは、ゲーミフィケーションワークを実施して、ニトリについて理解してもらうためのインターンシップとなります。

ニトリの経営を実際に体験することにより、経営に必要な知識を得られるほか、経営の難しさを実際に体験できます。

全国でTRIALコースは展開されているほか、日程は6月から翌年の2月までと幅広い時期に開催されています。

定員は40人ほどで、半日ほどで終了します。

どの学部でも応募すれば参加できます。

ニトリの教育制度を実際に体験するコースです。

配転教育という方法をニトリは採用していますが、インターンシップで同様のシステムを使って職場体験を行います。

最大で6つの部署を体験できるメリットがあり、ニトリをさらに理解できるメリットがあります。

なお、BASICコースは、配転教育体験の後、ESやWebテスト、さらには面接が存在します。

これをクリアしなかった場合、その後のSTEPには進めません。

合格した場合は次のステップでのインターンが可能です。

実際にニトリが抱えている課題に挑戦し、最終日にプレゼンでニトリ側に提案するコースとなります。

対象となるのは以下の部署です。

  • 製造
  • 物流
  • IT
  • 小売

この中から一部門を選択します。

その後、BASICコースと同じように配転教育を受け、所定の試験をクリアしてメンバーを選抜します。

この選抜に残ったメンバーが一部門を選択して、与えられた課題に挑戦していくというコースです。

このコースは開催されている場所が制限されている他、1日ではなく数日のコースとなります。

開催されている会場が限られていますので、事前に開催時期や開催場所を確認しておきましょう。

ニトリのビッグデータを扱っているIT部門の仕事体験が可能です。

IT部門がどのような仕事を担当しているのか、そして得られたデータをどのように活用するのかなど、IT部門が実際に行っている仕事を確認できます。

このコースはIT部門の仕事体験をするだけであり、配転教育などはありません。

テストなどに不安を抱えている人でも気軽に参加できるメリットを持っています。

ただ、IT関連に興味のない人は参加しづらいコースです。

ニトリのインターンでSTEP2に進むための選考対策

ニトリのインターンでは、BASICコースとBEYONDコースでSTEP制度を採用しています。

STEP1で配転教育をうけたのち、エントリーシートやWebテストなどを受けて、次のステップに進めるか判断されるシステムです。

次のステップに進めるかどうかで、インターンを最後まで楽しめるかが変わります。

STEP2に進みたいと考えているのであれば、これから紹介する対策をしっかり取りましょう。

まずはエントリーシートの記載が必要です。

エントリーシートでは特に難しい質問はありません。

前年度は以下の質問が出されました。

  • 学生時代に頑張ったこと

前年度は共通してこの質問のみが提示されました。

文字数は300字以内で、文字数の超過は許されません。

学生時代に頑張ったことは、自分のこれまでを振り返れば難しいものではありません。

これまでに一番力を入れた事例などを記載しておきましょう。

ただ、文字数稼ぎなどをしないように、すっきりした内容に整えるよう心がけてください。

次にWebテストを受ける形となります。

Webテストについては、いわゆるSPIテストが出題されます。

これと言って難しいものではありませんが、しっかりと対策をしなければ合格できなくなってしまいます。

用意されているテストは言語、非言語、性格診断です。

また、出題されるジャンルとしては国語、数学、英語となっており、性格診断以外は問題集を活用すればある程度対策ができるものとなっています。

性格診断は自分の性格を示すものですので、偽ることなく普通に解いていくといいでしょう。

こうして自分の性格を見てもらい、ニトリにしっかりした判断を受ける形となります。

最後に面接です。

面接の内容次第では、STEP2 に進めなくなる恐れもありますので、しっかりと面接対策はしておきましょう。

昨年度に出題された質問は以下の通りです。

  • これまでに一番頑張ったこと
  • 就職に対して不安はないか
  • インターンに応募した理由
  • ニトリのどこに魅力を感じているか

これらの質問が出題されます。

そこまで難しい質問ではありませんが、明確に回答して納得してもらえるように心がけましょう。

また、インターンに応募した理由、ニトリの魅力については重要な項目となります。

どのような理由でインターンへ応募したのか、そしてニトリで自分が魅力に感じているところはしっかりと説明してください。

ニトリのインターンの評判は?

ニトリのインターンはどのような評判を受けているのでしょうか。

また、インターンへ参加した人はどのようなイメージを持っているのでしょうか。

ここからは、ニトリのインターンへ参加した人の口コミを見ていきましょう。

協調しつつも自分の考えを持ち、チーム一体になって取り組むこと。

ニトリの歴史に沿って行動をするとゲームのスコアが伸びるので、ニトリのサービスや歴史について、社員の説明をよく聞いたり事前に歴史について軽く学んでおくとよい。

引用元:ワンキャリア

チーム一丸となって取り組み姿勢が重要になります。

ニトリのサービスや歴史を事前に知っておけば、どのような経営方針なのかがわかってきます。

こうした情報をしっかりと確認しつつ、社員の方の意見や説明にしっかり耳を傾ける必要があるでしょう。

参加者は色々なタイプの人が多いが、比較的元気がよく活動的な人が多い。

また、頭の回転が良いのか、盛り上げたり話がうまい人が多い。

社員の方は積極的に説明をしてくれるが、参加人数が多いので、採用活動について聞きたい場合はインターン前後の時間に尋ねるとよい。

引用元:ワンキャリア

社員の方も積極的に説明や意見を出してくれるインターンですので、参加する価値は十分にあるでしょう。

また、参加者は様々な人が多いので、色々な人と強調して一緒に活動するという視点をしっかり持つように心がけてください。

採用活動などは空いている時間に聞くと効果的で、様々な情報を手に入れられるでしょう。

ワークのルールはしっかりと理解してから臨むほうが良い。

なぜなら、自らが他のメンバーに対してワークのルールを説明しなければならないからである。

具体的に言うと、ワークの途中で1部署につき1人に部署異動が行われる。

その際には社員からのルールや部署についての説明は一切行われない。

そのため、部署に残ったメンバーが新たに異動してきたメンバーに対して、ルールを一から説明しなければならない。

これが上手くいくと、優勝に近づくと思う。

引用元:ワンキャリア

STEP2になると、自分で説明するという視点が追加されます。

社員が説明してくれるわけではないため、自分で説明する力が非常に求められます。

この力をしっかりと身に着けておくこと、どのような仕事をしていくかを理解することが何よりも重要です。

実践と同じようなインターンができるのはいいと感じる人もいるでしょう。

ニトリのインターンは内定直結?参加するメリットとは

ニトリのインターンですが、内定に直結する可能性は十分にあります。

BASICコースやBEYONDコースへ参加し、STEP2まで進めば、社員の方に顔を覚えてもらえます。

また、実際に仕事をしている時の様子などを踏まえて、採用してもいいか判断される場合があるため、インターンから内定につながる可能性はあります。

ただ、内定に直結しているというわけではなく、ニトリの仕事を踏まえて総合的に様々な判断をしているという程度となります。

インターンへ参加したからニトリの内定を確実に取れるというわけではありません。

そのことを踏まえて、参加するかどうかをしっかり検討したほうがいいでしょう。

また、ニトリのインターンへ参加するメリットとしては、以下のものがあります。

  • ニトリの仕事を理解できる
  • 協力して作業することを体験できる
  • 自分の意志で説明する力が身につく

こうしたメリットがあるため、ニトリの内定が取れなかった場合でも、他の仕事に繋がる要素が手に入るでしょう。

多くのメリットを持っているニトリのインターンですが、甘い考えで参加してはいけません。

とにかく仲間としっかり活動し、結果を出していくという考えを持つように心がけ、インターンでいい結果を出しましょう。

まとめ

ここまでニトリのインターンシップについて説明しました。

ニトリは実戦で色々な仕事を体験してもらうインターンもありますが、ゲームのような方法でインターンを行い、気軽に体験できる方法も用意されています。

よりニトリを理解したい場合は、できる限りBASICコースかBEYONDコースへ参加し、STEP2 へ進めるようにテストや面接の対策を考えましょう。

STEP2まで進めば、インターンから内定というチャンスもあります。

ニトリで働きたいなら楽しみつつ、インターンで結果を出しておきましょう。