ホーム >> 就活コラム >> 短期インターン >> 出版系のインターンの内容とは?短期/長期|出版業界志望の学生必見
更新日 2019.8.15

出版系のインターンの内容とは?短期/長期|出版業界志望の学生必見

出版会社は右肩下がりの斜陽産業と言われていますが、それでも生き残る会社があることは確かです。電子化が進むチャレンジ精神旺盛な会社も存在しますの。そのような出版企業でインターンを体験するもの良いでしょう。出版業界の就活やインターンを考えている方は、この記事を参考にして下さい。

出版業界とは?

画像

様々の業界がある中で、出版業界は比較的身近なものといえるでしょう。

特に文学生にとっては、出版社に就職することはそれなりに魅力的と言われていた時代があったからです。

ですが、時代は変わり現在は出版の時代とは少し違ってきた傾向があります。

そこで、インターンを含めて出版業界を考えていく必要があります。

救助活動する場合には、一生続けると考えよりも途中で働くことや働く場所、そして働き方に関する考え方を変更してもよいと考えるぐらいの柔軟な考え方が必要になります。

いずれにしても、今の価値観は今までの人生の価値観でこれから将来的にはまた違った価値観を持っても自由にしていけると考える必要があります。

このような考え方を前提にして現在の出版業界を考えていくと、実はそれほど将来性がないことに気がつくでしょう。

出版業界は、不動産バブルの時期は非常に良かったわけですが、最近は活字を読まない人が増えただけでなくインターネットの影響で本などはあまり売れない傾向にあります。

売上だけでみると、たいていどの出版社も右下下がりになっていることに気がつくでしょう。

ある程度大きな出版社でも、全盛期の半分程度になってしまっていると考えて間違いありません。

これは、インターネットの活字がたくさん増えているだけでなく、タブレットをはじめとして紙の媒体でない電子媒体で活動読むことができるようになっているからです。

このように考えれば、将来的に活字がさらに電子化の方に進んでいくことがよく理解できるでしょう。

さらにもう一つの根拠は、学校教育にもあります。

学校教育は、基本的には教科書などを使いますので出版社はそれでもうけることができるかもしれません。

教科書に合わせて、ノートや問題集そして参考書などは基本的に紙媒体になっています。

そこまで学校も進化しているわけではありませんが次第に電子化の動きが強まってきていることに気がつくはずです。

最近はパソコンルームなどがありますが、それに伴い次第にインターネットで勉強する機会が増えてきました。

これからさらに時代がすすむと、すべての授業では行われないかもしれませんが、タブレットを使った授業も少なくないでしょう。

その時出版業界がどうなるかを考えてみましょう。

同じ勉強でも、学習塾などに通っている子は電子化が進んでいることを敏感に察知できるはずです。

学習塾によっては、完全に電子媒体のみで勉強しているところも少なくありません。

なぜわざわざそのようにするかといえば、記録に残すいやすいからです。

かつてならば、先生が見て回り点数などを一人ひとりメモをしてチェックしましたが、最近はインターネット上にテストの結果などを取り込むことができしかも電子媒体ならば自動的に取り込めますので人件費があまりかかりません。

そのようなメリットがあるため、通信教育や学習塾でも電子化を取り入れている傾向があります。

学校教育や学習塾などで、わざわざ電子化をする理由の1つは子供がゲーム感覚で勉強ができるからです。

多くの親の悩みや先生の悩みは、子供が自主的に勉強してくれないことですが電子化にすることでゲーム感覚を味わうことができ真面目に勉強に取り組む生徒が増えてきました。

このような世の中の流れを考えると、紙媒体の出版社は完全になくならないとしてもかつてのような栄光を極める事は限りなく少ないと考えるべきです。

すでに時代が味方をしていませんので、それを前提に将来のことを考えてみる必要があります。

出版社は全体的に日の当たらない坂道を下っているような雰囲気ですが、どの業界にも必ずその中で今までと違った特徴を持ち成長続ける企業が存在しています。

就職活動する場合には、出版社はもうダメだと考えるのではなく将来的に伸びそうなところに投資をしてみる必要があります。

投資をするといっても、その会社の株を買うわけではなく自分の将来の時間をそこに投資するわけです。

考えてみれば、就職活動をして将来的に特定の会社で働く事は自分の大切な時間を投資しているのと同じになります。

せっかく自分の貴重な将来を考えるならば、投資の意味をよく理解することが大事になります。

自分にとって1番良い投資は、これから右肩上がりのところに時間とお金を注ぎ込むことです。

単に、待遇が良いからといったことや入社時の給料が良いからといって言うだけで注ぎ込むのは、考え方が浅いと言わざるを得ません。

少なくとも現在の日本では、全体的にこれから上に上がる出版に関する企業は少なくなっていきますが、それでもなお自分が活躍できる場所を探せば右肩上がりにすることができるはずです。

将来性をよく考えた会社選びをするだけでなく、自分自身が将来につながる成長ができる会社かどうかが大事になります。

POINT

✔全体的に斜陽産業であることは理解しておこう

✔電子化が進んでいる現状を理解しておこう

✔生き残る会社がどこかを見極めよう

出版業界のインターンの内容と特徴

画像

出版業界でもインターンを実施している出版社はもちろんあります。

しかし、大手出版社ではその数はあまり多くないというのが大きな特徴です。

中にはインターンに参加していないと求人への応募も受け付けないというところもありますが、アルバイトは受け付けていてもインターンは実施しないところがほとんどと言っても過言ではないでしょう。

もともと入社そのものが難しいと言われている出版業界ですが、インターンに参加することも狭き門です。

出版という業界の特徴とも言えますが、職種が多岐にわたり、短期間に一つの仕事を覚えたからといってそれが即戦力になるとは限らないことにあります。

1冊の雑誌や書籍を作る場合でも企画立案から実際に本が出来上がるまでの過程や流れはそれぞれの出版社によって違いがあり、それは独自のルールの下で行われます。

その間にはさまざまな人が関わり、その中の一つの作業を覚えたとしてもそれがそのまま将来に役立つわけではないからです。

また、各部署に配置されている人数の少なさや日常的に多忙を極めていて、なかなかインターン生を受け入れられる態勢が作れないという理由もあるようです。

もちろん、インターンがまったく行われていないわけではありません。

大手と呼ばれる会社ではあまり実施されていませんが、中小の出版社や編集プロダクションなどまで広げれば、インターンを実施している会社はいくつかあります。

会社によって内容はさまざまですが、既出の通り数そのものが少ない狭き門なので、まずは業界を知る機会と捉えてエントリーしてみるのもいいでしょう。

自分がこれまで読者として見てきた本がどんな風に作られていくのかを実際に体験することができるかもしれません。

また、最近ではデジタルへの移行も盛んに行われています。

これまでの印刷物中心から新しいものへの変わっていく現場を体感できる可能性もあります。

出版業界を目指す人のほとんどが憧れるのは編集部などの実際に雑誌や書籍を作る部門であって、わざわざ営業を目指そうとする人は少ないかもしれません。

しかし、会社によっては営業職を経験することが編集部配属の条件となっている会社もあります。

どんなに編集部が優秀であっても雑誌に広告が入らなければ出版はできませんし、いい本が作れても売れなければ会社は成り立ちません。

それだけ営業職はどんな会社でも大事な部署です。

こうした営業職を中心にインターンを行っている会社はいくつかあります。

「営業職にはあまり興味がない」という人も「本を作る」第一歩となる営業職を経験してみることは将来的にも大きなメリットがあるはずです。

それでもやはり編集部を体験したいという人には雑誌の企画立案ができるインターンがおすすめです。

実際に有名雑誌などを含んだ書籍などの企画を考え、編集長からのアドバイスやフィードバックを受けたり、業界のさまざまな情報を得ることができます。

中にはこのインターンに参加することで、その後編集部でアルバイトとして働くことができるという会社もあります。

実は出版業界で現在、仕事をしている人の中にはアルバイトから正社員になったという人も多く、業界就職への近道とも捉えることができます。

大手新聞社の中には1泊2日で取材体験を行っているところもあります。

1泊2日というところが新聞社の編集部らしさを物語っていますが、貴重な体験になることは間違いなしです。

体力的にも精神的にもかなりハードなので覚悟が必要ですが、取材がどのように行われているのかや内容によっては普段なかなか近づけないような場所にも行かれる可能性もあります。

雑誌や書籍を作る会社と新聞社では違いがありますが、新聞社でも書籍を出している会社は多いのでその会社を知っておくことは損にはなりません。

また、編集者やライターなどを目指すのであれば取材経験ができるのはメリットになります。

このようにその内容も選ぶ会社によってまったく異なるのがこの業界の大きな特徴です。

どうしても目指したい職種がある人はなるべくその職種に近い内容のものを選ぶということも大事かもしれません。

しかし、大手になると入社後、どのような部署に配属されるのかは未知です。

また、扱う出版物によっても仕事の内容はかなり違ってきます。

また、大手の場合は細かく分業されていたり、実作業のほとんどが外注になっていて編集部ではその管理だけを行っているということもあります。

なので、最初からあまり内容を限定せずに気になる会社があればまずはエントリーをして、積極的に参加してみるというのが大切です。

POINT

✔出版業界のインターンの開催は少ない

✔インターン募集企業では、営業職の募集などがある

✔1泊2日で取材体験ができるようなインターンも存在

出版業界志望の就活生はインターンに参加すべきか

画像

出版業界は、かつて文系の就職先の花形でしたが現在は時代が変わり次第にその影響も薄れています。

出版業界を取り巻く環境は、インターネットが発達したことにより大変厳しいものになっています。

その中でインターンシップを行い就職活動をすべきかが問題になるでしょう。

そもそも、出版業界に限らず就職活動する上でインターンシップを理解しておくことが必要になります。

インターンシップは、かつての就職活動中ではほとんどありませんでしたが、最近は次第に増えているのが特徴になります。

会社に就職する前に、その企業はどのようなものかを判断するために行うものの1つです。

従来、自分の将来を決めるはずの会社を選ぶのにほぼ書面でしか判断することができませんでした。

それ以外でもすでに就職している同じ大学の先輩に話を聞くといったことができたかもしれませんが、小さな会社などはそれすら叶いませんでした。

そこで、インターンシップの制度を取り入れまだ大学3年生の時に実際に就職したのと似たような雰囲気を味わうことができるようにしたわけです。

もちろん、絶対にその会社に就職しなければならないわけではありませんが、少なくとも求人募集の内容からわかることだけではなく、実際に中に入ってみて様々のことに気がつくきっかけになるわけです。

このような経験をして同じ職場業界に入るのと全く経験をしないで出版業界に入るのとでは心構えが異なってきます。

もちろん、インターンを行ったからといってその会社に入らなければならないといった決まりがあるわけではありません。

実際にインターンをしてみて気に入るなければ、別の業界に進んでも良いわけです。

インターンには、多くの場合、短期のものと長期のものが存在していることを理解しておきましょう。

短期とは、たった1日で終了してしまうものですが、単に職場を体験するだけでなく同じような業界を目指す同じ位の年齢の人たちが集まり、ワークショップをしたりしてコミュニケーションをとることができます。

これにより、自分のライバルたちがどのような人たちかがわかるようになり、事前に準備ができるでしょう。

これに対して、長期のインターンシップの場合には3ヶ月から半年続けることができるようになっています。

この場合には、短期の場合と異なりワークショップだけで終わらすわけではなく、実際に給料をもらいながら職場体験をして新入社員のように扱われることが多いです。

出版業界でインターンシップを行う理由は、やはり書面ではわからない中身の部分を知ることができるからです。

このように考えれば、間違いなくインターンシップ自体が非常に重要なものであり、やっておいた方が良いとわかるはずです。

ただ、そのためにはいくつかのハードルを越えなければなりません。

現場では、このようなすばらしい制度が就職活動生に用意されていますが、それ故利用する人が多くたくさんの参加者が見込まれます。

会社によっては、10人の人数に対して30人ぐらい応募するようなことも少なくありません。

この場合には、全員を受け入れる事はせずにやはりその段階で試験を行い、合格者を選ぶ形になるでしょう。

つまり、人気のある所ほど多くの就職活動生が訪れ倍率が高くなります。

これがまず第一の難関といっても過言ではありません。

それならば、実際に就職するかどうかにかかわらずそれほど人気のない会社に行き、その業界の雰囲気だけでも味わっておくことを悪くはないと言えるでしょう。

インターンシップを利用して将来の就職に役立てる事は悪い事ではありませんが、そもそも合格しなければ意味がありません。

その1つですが、やはり倍率の低いところ受けておく必要があります。

ですが、絶対に自分が決めている会社を選びたいと考えている人もいるでしょう。

このような場合には、何が何でも合格しなければなりませんが、必要なのは面接力になります。

まだ大学3年生の段階で、面接に対する勉強を徹底して行わなければなりません。

少なくとも、インターンシップの段階ではまだ面接だけで済みますので実際の就職試験と考えて徹底して勉強する必要があります。

これは実際の就職活動でも同じですが、会社を選んだ理由は1番ヒアリングされますので、事前に理由を考えましょう。

単に倍率が低かっただけといった理由や、自宅から近かったといった理由では確実に落とされるわけです。

もう少し前向きな理由を考えておかなければなりません。

1番良いのは、その会社でなければ実現することができないことを述べることになります。

これは裏を介せば、その会社の独自性や強みを見つけることになりますので、そのような事を放っておけば、実際の就職試験でも高い確率で合格するでしょう。

POINT

✔業界研究や職業体験ができるインターンは人気急上昇

✔インターンには、短期と長期が存在する

✔競争倍率が高いインターンには、面接対策が必須

出版業界のインターン情報

画像

情報解禁のランダム性が強く、例年の傾向からインターンの開催情報を予測する事も困難なのが出版業界です。

理由は本を出版する際にはデザインを考える技能と、本の内容を作成できる専門知識が必要だからで、専門書を中心に出版している企業程にこの傾向が強くなります。

薬品情報だけでなく施術方法の解説も必要なのが医療情報出版で、他にもコスメ等の美容薬品の知識も豊富な人の参加が推奨されます。

一方で医学書籍を中心に出している企業は、本の購入者の信頼を勝ち取るために20年以上も同じ種類の本を出した実績のある企業も存在します。

そのため専門知識の把握だけでなく、インターン参加企業の書籍作成傾向も合わせて把握している必要があるため、例年募集数の推移は少数精鋭に落ち着いている傾向があります。

出版業界の中で最も若年層に対してインターンの参加条件が低く設定されているのが、エンターテイメントの書籍発行業務です。

特に観光地の情報投稿は若年層でも即戦力を期待できる上に、温泉地に詳しければ年配者へのアプローチも可能なので身近に開催情報があった場合はできるだけ参加をお勧めします。

ただし一方でエンターテイメントを支えるプログラム等の専門技術の本は、専門知識が必要なのでインターンの参加難易度も高い傾向があります。

出版業界の中で芸術関係の本は、美術大学生や専門学校生でも即戦力が期待できるメリットがあります。

中でも技術関連の情報は編集技術との関連性も強いので、知識か技術いずれかを習得してさえいればインターン参加の間口も大きくなります。

加えて精度の高い編集技術は頭脳内の数値変換能力が役立つ事例も多いので、理学生のインターン参加適正が高い傾向もあります。

海外の美術品関連の知識があるならば、旅行関連の出版業界も視野に入るので参加するインターンの検討候補としてお勧めします。

学務機関を含めた就職支援施設には一般的に出版業界のインターン情報は掲載されておらず、本の広告ページ等に記載されている事例がほとんどです。

近年では公式のSNSアカウントで募集しているケースもあるので、能動的に就職活動を行わないとほとんど情報は入ってきません。

ですが熱量の多い職業でもあるため、業務体験できるイベントがあるならば積極的な参加が就職への近道になります。

サブカルチャー関連の本を出す場合は、投稿情報の把握だけでなくイラスト作成技術も重要になる事があります。

その代表例になるのがゲームとアニメの本で、時代の趣向に合わせた作成技術が重視されるので、書類選考と同時にポートフォリオの提出が求められます。

これがインターンの参加条件に提示される可能性も高いので、他のジャンル以上に総合的な技術や知識が必要とされます。

最近のサブカルチャーは時間を掛けて理解を深めるタイプも多いため、忍耐力も必要な業種として有名になっています。

衣食住の知識は何気ない生活で知識を習得している事も多く、地方出身の場合は名産地情報を書くだけで本になるため、インターンにも参加しやすいです。

また衣服のジャンルについては、モデルという形で就職の間口を広げる事もできるため、出版業界のどの工程に就職したいのかも合わせて検討をお勧めします。

現場人員の拡充目的の採用ならば中途採用が参加できるインターンが就職に有利になる傾向が強いです。

一番期待されている人材は専門知識の必要な製作物の現場スタッフを担当していた方で、従事した業務内容を元に本を製作するため作業効率も良くなります。

加えて商社に勤めていた方も物流を把握する視点で流行情報に接する能力が高いため、インターン参加の敷居が低くなるメリットがあります。

採用コストを削減するために出版業界ではアルバイト採用を仮採用として捉えている事も多く、実質研修後に即就職する方もいます。

なので学生アルバイトの募集を中心に情報を閲覧しておき、自身の習得する知識に合致する場合は前向きな参加を検討する方法もお勧めです。

これは企業の規模に関係なく利用されている採用形態なので、就職確率を上げたい人の参加を推奨します。

さらにここから業界のキャリアを積む事も可能なので、採用間口のレギュレーションを気にしない柔軟性のある就職活動がお勧めです。

製作や編集現場の他にもそれらを作成するための人件費の捻出が必要なので、インターンではプランナーを含めた営業職を募集している企業もあります。

造本作業もプランナーが担当する事も多いので、経済学を学んでいる方は本の編集と同時にプロデュース業務の担当も検討しましょう。

POINT

✔専門知識があれば、専門雑誌などを扱う出版社などのインターンも可能性あり

✔出版業界は、アルバイトと長期インターンが同義の場合がある

✔長期インターンでは売上につながりやすい営業職などが多い

まとめ

この記事では出版業界のインターンシップん特徴について解説しました。この記事を参考に自分の希望する出版会社の募集状況をいくつか見てみてはいかがでしょうか?

きづくインターンシップ

きづくインターンシップ

全学年参加可能/交通費支給!!
★履歴書&応募理由&課題提出が不要
5つのテーマから企業に参加!

_

プログラムに参加してみる ▶︎