ホーム >> 就活コラム >> 短期インターン >> 住友商事のインターンの内容と選考対策を解説!内定直結するの?
更新日 2020.11.20

住友商事のインターンの内容と選考対策を解説!内定直結するの?

住友400年の歴史で培われきた事業精神を持って、グローバルで広く社会に貢献している住友商事のインターンシップについてまとめました。

「インターンシップの内容が知りたい」「ESなどの選考対策がしたい」

そんな方に向けて今回は、インターンシップの内容、ESの設問、参加メリットなど、過去のインターンシップに参加した学生の感想をふまえて解説しています。

ぜひ最後までご覧ください。

住友商事株式会社について

  • 住友商事の基本情報
  • 住友商事の社風とは
  • 住友商事が求める人材とは

1919年に創業された大手総合商社の住友商事は国内22カ所、海外113カ所にもなる事業所を持ち、住友商事グループの社員数は6.7万人を超えるグローバル企業です。

住友商事グループは、住友400年にわたる住友の事業精神をなによりも大切にしており、住友商事グループの経営理念に受け継がれています。

全世界に展開するグローバルネットワークと、様々な産業分野における企業や消費者との信頼関係をベースに、多様な商品、サービスの国内販売、国内外における事業投資など、総合力を活かした幅広い事業活動を展開。

常に変化を先取りして新たな価値を創造し、広く社会に貢献するグローバルな企業グループとして、事業活動に取り組んでいます。

社員の方の口コミ傾向では、年功序列で基本的に評価が決まっており、上下関係をはっきりさせる古い体質がある社風と言われています。

経営理念や行動指針にもある通り、チームワークを特に重視しており、個々で目立つような働きに対してはあまり奨励されていないからか、尖った人も比較的人も少ないようです。

また、会社として新しい仕組みを取り入れようとする姿勢はあるものの、保守的な企業文化が残っていることや、コンプライアンス遵守に特に気を付けているなど、真面目な人が多く日本らしい大企業といえるでしょう。

  • 好奇心を持ち、新たな価値を創造し、挑戦できる人
  • 自分の想いや考えを、情熱を持って発信できる人
  • 周囲を巻き込んで、粘り強く実行できる人

求める人材については明確に公開はされておりませんが、過去の採用情報などから基本的に住友商事の「経営理念」や「行動指針」で示された価値基準に沿った人が求められています。

インターンシップの設問や試験では、創造力が問われるものが多い傾向があるため、求める人材像としても創造力のある人が評価されています。

住友商事のインターンシップの内容と選考フロー

  • Next Leaders' Camp
  • 住友商事 3daysインターン

住友商事のインターンシップは1dayと3dayの大きく2パターンに別れています。

本プログラムは22卒向けのオンライン形式1day仕事体験インターンシップです。

本プログラムへの参加と本選考には一切関係がありません。

参加条件 大学生、大学院生(全学年対象)
定員 各回70名程度
開催地域 東京
会場 オンライン形式
日程 9月10日、 9月29日、 10月16日
実施日数 1日(ワンデー仕事体験)
  • 現代社会においてビジネスが担う役割や、企業が永続するために必要な条件についての説明
  • 各業界のビジネスモデルの比較検討を通して、それぞれの業界が果たす役割について学ぶ
  • 住友商事が実際に手がける事業を取り上げ、レクチャーを踏まえた事業戦略を立案
  • ビジネスの現場で働く社員に、現代社会のビジネスやビジネスパーソンに求められることなどについてディスカッションしてもらう

1.専用ページからエントリー

2.エントリーシート提出

3.Webテスト(玉手箱)

4.インターンシップ参加

本プログラムは21卒向けに実施された3daysインターンシップの情報になります。

2020年9月現在は22卒向け3daysインターンの情報はありませんが、22卒向けとしても実施予定となっております。

参加条件 大学生、大学院生(全学年対象)
定員 各回50名程度
開催地域 東京、大阪
会場 東京:住友商事グローバル人材開発センター
大阪:住友商事関西支社
日程 東京:12月16日(月)~18日(水)10:00~17:30
大阪:12月9日(月)~11日(水)10:00~17:30
実施日数 3日
  • 住友商事の新規ビジネス創造までのプロセスを体験
  • 実際に住友商事が手掛けているミャンマー携帯通信事業を取り上げ、デジタルプラットフォーム事業における新たな価値創造を体感
  • アイディアをカタチにするために必要な視点や考え方について学び、新規ビジネス創造までのプロセスを体感

1.専用ページからエントリー

2.エントリーシート提出

3.Webテスト(ideagram)

4.インターンシップ参加

住友商事のインターンに受かるための選考対策!

  • 1.エントリーシート(ES)の内容と対策
  • 2.ideagramの内容と対策

選考フローとその対策について紹介します。

住友商事のエントリーシートの設問はかなり特殊なものとなっており、自身が得意な設問を選択して回答します。

21卒インターンシップでの事例を紹介します。

  • ①ラブレター選考
  • 当イベント参加への熱い想いを、120字以内のあいうえお作文でお伝えください。

    お題は次の2つから1つお選びください。

    「す・み・と・も」または「び・じ・ね・す」

  • ②一発芸選考
  • これだけは誰にも負けない、誇れる特技・経歴を50文字以内でPRしてください。

  • ③学業選考
  • 研究内容をご入力ください。

    (100字以下)

  • ④運選考
  • 選考基準は「運の強さ」。

    抽選で合否を決定

とにかく独自性を出すことを意識して書いた学生が多かったようです。

正解はありませんが、他の学生と似たような回答になってしまうよりも、インパクトのある内容が望ましいと思われます。

インターンのエントリーシート対策に関する記事はこちら

ideagramとは創造セッションと評価セッションの2つで構成されている創造力を図る試験です。

制限時間内に課題とそれに対する解決策を可能な限り記載する

他の学生が創造セッションで出した案を評価する

想像力、独自性、発想量の3点を意識して取り組むことが大事なポイントになります。

とにかく、アイディアをたくさん出したら受かったという学生の方も。

まずはアイディアをたくさん出すことに集中して取り組むと、良い結果を得られるようです。

グループディスカッション対策に関する記事はこちら

内定直結?住友商事のインターンに参加した学生の体験談

  • インターンシップの内容や特徴
  • インターンシップの参加メリット
  • 住友商事のインターンは内定に直結するの?

3dayインターンシップで行う新規事業立案型グループワークについて、過去にインターンシップに参加した学生の体験談からわかる詳細をご紹介します。

企業紹介や事業紹介の時間は短く、インターンの多くの時間がグループワークをする

住友商事が出資しているミャンマーの通信事業を軸とした新規事業の展開を考える

新規事業アイディアを具体的なビジネスプランに落とし込み、KPIを策定や資料を作成して、最後にグループごとに発表する

ミャンマー現地に滞在社員と、オンラインでヒアリングする貴重な機会がある

他班の参加者との交流は少なく、多くの社員と深く話す時間もあまりない

グループワークの発表後には特にフィードバックを貰う時間は設けられていない

ワークを通して、総合商社の立ち位置や海外との関わり方を学ぶ事ができる

別班の学生と関わることはないが、特定の社員の方とはワークを通じて深く関わることができる

社員の方々の物事の考え方や捉え方を知ることができる

個人的に社員の方を捕まえて、就活相談をするチャンスもある

参加する学生に優秀な人も多く、刺激になる

住友商事のインターンシップは内定に直結しません。

本選考に関係ないことは公開されている情報のため、インターンシップと割り切って気軽に参加することができます。

また、インターンシップの選考は他企業にはない独自なものとなっているため、色んな素質のある学生に参加できるチャンスがあります。

3日間のインターンシップは、拘束時間は長いです。

社員の方からのフィードバックも学生から行動しなければほとんどないことからも、成長意欲を持って参加できる学生の方でないと有意義な時間にできず終わってしまうようです。

しかしながら、積極的な学生であれば本選考や就職活動に役立つ経験ができたと、満足度が高かった感想も多くありますので、学生のうちから貴重な体験を得たい方はぜひ参加しましょう。

まとめ

最後に住友商事インターンシップについて大事なポイントをまとめます。

求められている人材は創造力がある人

選考でも評価される軸となる重要なポイント。

住友商事のインターンシップ選考は型破り

独自性や創造力が問われる内容が多い。

住友商事のインターンシップは内定に直結しない

インターン参加者は懇親会に優先招待される。

インターンシップに参加する学生のレベルは比較的高いため、周りから刺激を受ける学生も少なくないようです。

また、内定に直結はしませんが、インターン参加者が社員との懇親会に優先して招待された過去実績もあるため、内定を目指している方にはメリットは大きいです。

本選考を視野に入れている方は、できる限り参加するようにしましょう。