ホーム >> 就活コラム >> 短期インターン >> TBSテレビのインターンES・面接選考に受かるための対策!
更新日 2020.10.15

TBSテレビのインターンES・面接選考に受かるための対策!

テレビ業界を憧れる学生であれば外せないのが各局のインターンシップです。

実際に業界に触れることができ、志望動機を考えるのに大きく役立ちます。

今回は民放テレビ局である株式会社TBSのインターンシップについてまとめました。

インターン参加者のESや、グループディスカッションの内容、インターンシップ選考に役立つ情報が盛り沢山です

TBSのインターンシップを検討している学生さんはぜひご覧ください。

株式会社TBSテレビってどんな会社?

  • 関東で唯一のテレビラジオ兼局
  • ドラマ、報道に力を入れている
  • 伝統を持ちながら、新たなコンテンツにも積極的に参入している
  • 斬新で新しい発想力を持った人材
    TBSならではのコンテンツを作り出せる人材が求められている

TBSは関東で唯一のテレビ、ラジオの兼営局です。

東広域圏を放送対象にテレビジョン放送事業を行っていると同時に、スカパー!をプラットホームにTBSニュースバードTBSチャンネルの放送を行なっています。

放送事業の中でもドラマ部門に力を入れているのが特徴です。

テレビラジオ関係のメディアコンテンツ事業の他に雑貨小売、化粧品販売、通信販売などのライフスタイル事業、土地や建物の不動産事業も行っています。

TBSは「時代を超えて愛されるコンテンツとサービスを創りだし、多様な価値観が尊重され、希望にあふれる社会の実現に貢献する」を企業理念に掲げています。

ドラマ部門では歴代ドラマ視聴率1位から4位を独占し、「逃げるは恥だが役に立つ」「MIU404」など現代も優秀な作品を制作しています。

最近では優秀なスタートアップに出資し連携するTBSイノベーションパートナーズを設立し、ARを活用したリアル体験型サービスの制作に連携するなどの試みも実施も行っています。

ドラマのTBSという伝統を持ちながら新規事業への参加も盛んに行っているのが特徴です

人事部長の中山佳子さんはTBSが求める人材として、

  • 既存の価値を取っ払った斬新な発想を持った人
  • 新しいことに猪突猛進チャレンジする姿勢がある人
  • 人に関心を持ち、社会をより良くしたいという志向を持つ人
  • 本気でTBSで働いてくれる人物、ハートに愛がある人

を上げています。

放送業界が転換期を迎えテレビ業界が低迷する今日に置いて、TBSは新規事業への出資や連携を積極的に行っています。

そのため、テレビ業界の今後のあり方を考えられる新しい発想が求められるようです。

また、数ある放送局の中でTBSを選んで働く意味を持った人材が求められています

TBSのインターンシップの内容と選考フォロー

  • 目指す職種によって3種類に分かれている
  • 参加者の中で優秀者が上級者インターンによばれる
  • 自己PR動画とエントリーシートの提出がある
    (アナウンサーセミナーのみ写真提出)

2020年におこなわれたTBSのインターンは職種によって以下の種類に分かれます。

  • TBSバラエティ制作塾
  • TBS報道セミナー
  • TBSアナウンサーwebセミナー

3つとも1dayインターンであり、1dayインターンののち、優秀者が2dayの上級者インターンに呼ばれる仕組みのようです。

「水曜日のダウンタウン」「キングオブコント」「マツコの知らない世界」などのプロデューサー、ディレクターによる講義と企画立案のグループワークが行われています。

応募資格 現役大学生、大学院生で2021年4月以降に卒業見込みの方
会場 東京・港区赤坂TBS放送センター
開催日程 9/5または9/6
申込締め切り 8/14

TBSホームページ上のMypageでエントリーシートと自己PR動画(30秒)の提出を行います。

今年の報道セミナーは、コロナウイルスの影響によりWeb講習編と実践編に分かれています。

実践編を受講するためにはWeb講習編を受講する必要があります。

Web講習では実際の記者からの体験談が聞けます。

実践編ではより深い話に加えてテレビ局が抱える問題についてのディスカッションが行われます。

応募資格 現役大学生、大学院生で2021年4月以降に卒業見込みの方
会場 オンライン(Web講習編)
東京港区赤坂TBS放送センター
開催日程 8/25(火)または8/26(水)
申込締め切り 8/3

同じようにホームページ上でエントリーシートと自己PR動画の提出を行います。

アナウンサーの仕事の魅力を伝えるセミナーを開催しています。

例年は対面での開催ですが、コロナウイルスの感染拡大にともなってオンラインでのセミナーの開催になりました。

発声や原稿読みなどのアナウンススキルの講義と実践をTBSの現役アナウンサーから受けることができます。

日程 

場所 オンライン 午前午後の計3回開催で各回20名程度

応募資格 現役大学生、大学院生で2021年4月以降に卒業見込みの方
会場 オンライン
開催日程 5/31

自己PR動画(30秒)、写真3点、エントリーシートをホームページから提出します。

5/25に自己PR動画〆切、5/26エントリーシートと写真〆切がありました。

TBSのインターンに受かるための選考対策を紹介

  • PR動画は印象重視
  • ESはより具体的に
  • 写真は自分の魅力を伝えることが大切

TBSのインターンは非常に狭き門です。

きちんと対策を行って臨みましょう。

TBSのインターンではどの部門でも30秒の自己PR活動が不可欠です。

ここで企業が見ているポイントは、内容よりも印象です

話の結論は最初に短く述べて、自分のアピールしたい内容を全て詰め込むことではなく、声のトーンやスピード、表情を意識しましょう。

用意した原稿を丸暗記している感が出るとP Rにならないので、文章は書かずにキーワードで構成するのがおすすめです。

ESの前年の設問について解説していきます。

  • TBSテレビでどのような仕事に興味がありますか。

  • このインターンで知りたいことはなんですか。(150字)

  • あなたがテレビ報道に関わりたいと思う理由をお書きください。(300字)

  • 最近の時事問題で気になることは何ですか?(200字)

  • あなたがテレビ局でつくってみたい番組企画をお書きください。(タイトル、主な出演者、企画内容等)などです。

いずれもTBSに入ってからどのような仕事がしたいのか、かなり具体的に聞かれます。

どのような仕事がしたいのか、どのような分野に関わっていきたいのか細かく考えておきましょう。

特に作りたい番組については、本選考の際の面接で聞かれることも多いです

出演者や企画内容、なぜこのような企画なのかを深く掘り下げることで意欲を見せることができます。

現代のテレビ界を分析してどのような番組か必要かを考えましょう。

また、テレビ業界全体への関心が問われる設問もあるので、TBSだけでなく、多くのコンテンツに触れて業界全体の動向を把握しておく必要があります

アナウンサーwebセミナーのみ提出が必要です。

バストアップの写真1枚とあなたらしい写真が2枚という場合が多いようです。

ポイントは、ただ写りが良い写真ではなく自分の魅力が伝わる写真を選ぶことです

写りが良くても全て同じキメ顔の写真では、どのような人かわかりません。

弾けるような笑顔、真剣な表情など、3枚の表情をかえましょう。

衣装や背景も一緒に変えて、スーツの写真、部活に打ち込んでいる写真、普段着で笑顔の写真というように様々な自分を演出することで採用者により自分をイメージしてもらえるようになります。

写真を選ぶ際は、自分以外の人にも見てもらい、客観的な意見から自分の魅力が伝わりやすい写真を選んでもらいましょう。

TBSのインターンの評価は高い?口コミを紹介!

  • 社員から直接話が聞ける
  • グループワークは丁寧なフィードバックあり
  • 現役アナウンサーからの直接指導がある

ここでは、実際のインターンの口コミを見ていきたいと思います。

報道・スポーツ局の現場の社員の方による講義を受けた後6人で1グループとなりお題に沿った新規番組を立案する。

所要時間は1時間程度。

最後に各グループ3分程度で全体に向けその番組の概要を発表する。

全体的に笑いもあり和やかな雰囲気で進んだ。

講義を聞いている学生も人事の方は注意深く見ているような印象を受けた。

またグループワークの後にはそれぞれのグループについてくださっていたメンターの人事の方から丁寧なフィードバックを頂ける。

その際にも積極的に質問をするべきでしょう。

基本的には手を挙げて質問しない限り社員と方とコミュニケーションをとる機会はなかった。

よって積極的にこちらから関わっていけば大きな収穫を得られるように感じた。

学生同士はお昼の時間にたっぷり話す時があり、仲良くなれた。

引用元:ワンキャリア

グループワークのあるインターンの口コミです。

グループワークでは実際に番組の立案をするという実践に近いことができます。

丁寧なフィードバックもあるので、改善点を見つけて、その後の就職活動に活かすことができそうです。

社員とフレンドリーに話す空気感ではないようなので質問の際は積極的に質問しましょう。

講義形式のインターンなので、最後まで姿勢よく座って、社員さんの話に反応することや、たくさんメモを取ることを意識しました。

現場の様子を見ることはできないけど、現場で働く社員さんに近い距離で質問をできたので、良かったです。

講義中は、会話を交わすなどのコミュニケーションは全くありませんでした。

最後の質疑応答は、挙手形式ではなく、社員さんのもとへ自由に質問しにいける形式でした。

その時間に参加者と社員とで多くの会話が出来たと思います。

いわゆる体育会系の社員さんというイメージと、ドラマ制作に強いというイメージがありました。

とても真面目で落ち着いた社員さんが多い印象になりました。

また、講義の内容を聞いていく中で、デザインやコンピューターグラフィックスに強いという印象を受けました。

引用元:ワンキャリア

講義形式のインターンは企業説明会のような位置づけで、社員の実際の体験談や説明を聞いて、入社後のイメージを膨らませるのに利用するのが良いでしょう

質問もかなりざっくばらんにできるようなので、聞きたいことを事前にまとめてぶつけてみましょう。

自己アピールをしたり、スキルを身につけたりする時間は少ないようなので、そういった場合はグループワーク形式が組み込まれているインターンを選ぶと良いでしょう。

現役のアナウンサーから直接指導していただけることや、その雰囲気を知れた事は良かった。

また、カメラテストがどういうものか実践的に学べたので今後の課題が分かった。

このインターンで仲良くなった人とずっと続いていて、情報交換できているのは財産である。

日々の中で心が動いたり興味を持ったことをメモして覚えておくこと。

そしてそれをイメージできるように説明する練習をしておくとよりフリートークに備えられたと思う。

はい

企業についての説明はなかったのだが、アナウンサーの仲の良さを感じて、ここで働くことができたら楽しそうだと感じた。

フィードバックも丁寧にしていただけたのでうれしかった。

空気感が分かったことが一番良かった。

カメラの前で思いのほか緊張せず、伝えることにたのしいと感じたのでアナウンサーとして働くことができたら、、、と想像できた。

はい

このインターンシップを通してよりアナウンサーになりたいという気持ちが強くなった。

もっと上手に話せるように、伝えられるようになりたいと思った。

アナウンサーの方から直接ご指導いただけてより志望度が上がった。

「伝える」ことにより興味が沸いてきた。

引用元:ワンキャリア

やはり、現役のアナウンサーからの直接指導は学生の力になりそうです

アナウンサーの面接にあるカメラテストも行うようなので、アナウンサーになりたいという学生は良い経験になるのではないでしょうか。

TBS自体についての説明や講習というよりは、アナウンサーとしての力をつけるインターンのようです。

実際のアナウンサーの雰囲気がどのような雰囲気か感じることもためになりそうです。

結論から言うと、TBSのインターンの参加自体は内定に直結するわけではないようです

特に講義形式のインターンの場合は自己アピールをする機会が少なく、企業説明会のような位置づけと考えるべきでしょう。

ただし、1dayインターンの後、2dayの上位者がインターンに呼ばれる場合もあるようなので、これに参加できた場合は本選考にも有利になるかもしれません。

内定に直結しない場合でも、現場から直接話を聞いたり、フィードバック付きのグループワークに参加できたり、非常に有意義な体験ができますので、放送業界に就職したいと考えている人には参加の価値があると思います。

まとめ

今回はTBSのインターンについてまとめました。

インターンは書類上ではわからないその企業の雰囲気が自分に合うかどうか試す絶好の機会です。

TBSのインターンでも実際に社員から話を聞いたり、直接指導を受けたりすることができるためTBSという企業に興味のある人にとっては貴重な機会だと思います。

グループワークのフィードバックが得られたり、現役アナウンサーから指導を受けたりと放送業界自体を志す人にとってもスキルアップの場であると言えます。

この記事を参考にして、ぜひTBSのインターンに参加してみてください。