ホーム >> 就活コラム >> 面接 >> 面接時によく聞かれる「最後に一言ありますか?」これなんて答える?
更新日 2019.11.5

面接時によく聞かれる「最後に一言ありますか?」これなんて答える?

カテゴリ

面接で頻出の「最後に一言」は不合格フラグなのか

画像

企業の面接で頻出するのが、「最後に何か一言ありますか?」という質問。

実際に企業の採用選考やインターン選考でこの質問を聞かれ、戸惑ってしまったという就活生は多いのではないでしょうか。

この時、決して安易に回答してはいけません

面接官からの質問には、どんな類のものであっても必ず何か意図が隠されているのものです。

「最後に何か一言ありますか?」に対して、何を答えるか、何を聞くか、何をアピールするかをしっかりと考えておくことは非常に大切です。

今回は、「最後に何か一言ありますか?」という質問をする面接官の意図や、それに対するベストな回答例を紹介していきます。

しっかりと押さえ、自分なりの模範解答を準備しておきましょう。

POINT

✔この質問に安易に回答してはいけない

✔なぜ質問されるのかをしっかりと考えることが重要

「最後に一言」を求める面接官の意図

画像

企業の面接官は、決して意味のない質問を学生に投げかけることはありません。

では、「最後に何か一言ありますか?」という質問には、どのような面接官の意図が含まれているのでしょうか。

主に以下の4つの意図があると考えられます。

まず考えられるのが、面接官が合否判定に迷っている場合です。

このとき、更に2つのパターンが考えられます。

面接においては、自分を担当した面接官が合否を決める権限を有しているとは限りません。

特に1次面接、2次面接では担当面接官に合否を決める権限がない場合が多いです。

この場合、担当の面接官が学生を評価し、合格にしたいと思っていても、上司の許可が得られなければ合格を出せません。

特に、学生側に明確な実績などはないが面接官の印象は良い、と言ったケースでは面接官が学生の良いところを的確に上司に伝達できない可能性があります。

そこで面接官は、「最後に一言」を聞くことで、学生からクリティカルな発言を引き出そうとしているのです。

こちらは、面接官が合否の決定権限を有しているケースです。

この場合、面接官自身が合否を迷っているため、この最後の一言が合否の分かれ目になる可能性が高いです。

面接時間内で伝え損ねた部分をしっかりとアピール出来る対応力が特に求められます。

選考における面接の時間は、長くても1時間程度であることがほとんどです。

面接官が質問出来る数、学生が話す事の出来る量には限りがあります。

また、学生が話す内容はテンプレ化された自己PRであることも多いため、面接官が必ずしも学生の人柄を把握しきれるとは限りません。

そこで、把握しきれなかった人柄・性格を知る為に、「最後の一言」を投げかける可能性があります。

この場合は、きちんと自分の正直な想いを伝えられるかがポイントとなるでしょう。

面接官は、学生からの質問の仕方や内容によって、学生の思考力、鋭さ、企業への理解度を測ろうとします。

しかし、面接においては、面接官からの質問に学生が答える時間が大半を占めます。

そのため、質問に対する回答力は測れても、学生の質問力を測る機会が少ないことが多いです。

このような場合、「最後に一言」を投げかけることで、学生の質問力を測ろうとすることがあります。

上述の通り、面接中は基本的には面接官の質問に対し、学生が答えるという流れです。

そのため、学生は予め準備された回答を用意しているケースが多く、心のこもった志望動機、入社への熱意が感じられないことが多いです。

この場合、面接官は「最後に一言」を投げかけることで学生が自由に喋る時間を設け、入社への熱意を確認しようとすることがあります。

POINT

✔合格判断に迷っている場合がある

✔最後の一言でさらに人柄を引き出そうとしている

「最後に一言」を聞かれた際の対策・回答例

画像

上述の通り、面接官の投げかける「最後に一言」には様々な意図が込められています。

では、実際に「最後の一言」をどのように答えるのが適切なのでしょうか。

最も一般的な回答として、面接中に聞けなかった質問をする、というのが挙げられます。

実際に、「最後の一言」を投げかけられて、質問をした経験のある学生も多いのではないでしょうか。

このとき、的確な質問をすることで、企業理解・企業研究にも繋がりますし、鋭い質問をすれば面接官からの評価も上がります

しかし、注意したいのが質問の内容です。

残業の有無や、休みの取りやすさなど、面接官にネガティブに捉えられてしまうリスクのある質問は避けましょう。

仕事へのやる気がないと見なされかねません。

「働いていて楽しいと思う瞬間を教えてください」など、なるべく仕事に対してポジティブな内容を質問するのがベストです。

また、HPで調べれば分かるような情報を聞くのも避けなければなりません。

企業の活動に関する質問をする場合は、企業理解がアピール出来るような内容を予め考えて臨むのがよいでしょう。

「最後に一言」で求められているのはあくまでも「一言」なので、必ずしも質問をする必要はありません。

企業への熱意を伝えるのも、ベストな回答の一つになります。

企業の選考において、自社に入りたいという熱意は非常に重要です。

いくら実績や能力があっても、やる気がなければ採用されないことも多々あります。

特に、新卒採用選考やインターン選考においては、学生の実績や能力に大きな差がないため熱意の重要性はさらに増します。

面接の最後に再度自分の企業への熱意をアピールすることで、面接官に強い印象を与えることが出来るのです。

特に、面接中志望動機をうまく伝えられなかった、あまり手応えを感じなかったという方は、最後に熱意を伝えてみると良いでしょう。

「最後に一言」に対して、自分の強みをPRするのもベストな回答の一つです。

「自分の強み」に関しては事前にまとめてスムーズに話せるようにしている学生も多いと思います。

しかし、面接は基本的に質問形式なので、伝えたかった部分をスムーズに話せるとは限りません。

面接官からの質問を無視して無理矢理事前に考えた内容を話してしまうと、論理的な会話が出来ないとみなされる可能性もあります。

自分の強みをうまく話せなかった時、「最後に一言」が来たら大チャンスです。

今一度自分なりにまとめた「自分の強み」をアピールし、自分を採用するメリットを面接官に伝えましょう。

ただし、面接中に既に自分の強みをまとめて話す機会があった場合は、重複してしまうので避けるのが賢明です。

強みを短くまとめ、企業への熱意などと合わせて伝えると良いでしょう。

「最後に一言」へのベストな回答として、「面接官にお礼を述べる」というのもあります。

お礼というのは、たとえ形式的なものであっても、言われたら嬉しいものです。

評価が全く同じ学生が2人いて、片方だけがお礼を述べていた場合、お礼を述べていた方が採用されるでしょう。

また、適切な言葉遣いでお礼をすることで、ビジネスマナーを身につけていることをアピールすることも出来ます。

上の3つと組み合わせて、熱意を伝えた後に面接のお礼を述べる、というような回答が出来ればベストです。

POINT

✔最後の一言で鋭い質問をする

✔自分を採用するメリットを伝える

✔熱意を伝え、お礼をする

「最後に一言」で気をつけたい点

画像

「最後に一言」は適切に準備をしていれば大きく評価を上げるポイントになりますが、注意しておくべき点もあります。

ここまで「最後に一言」を投げかけられた際の回答を紹介してきましたが、もちろん面接官によってはこの質問をしない人もいます。

自由に話せる「最後の一言」に期待して、情報を出し惜しみするのは辞めましょう。

「最後の一言」を求められた際の対応は事前に考えておきながらも、面接本番では「最後の一言」がないことを想定して臨むのがベストです。

もし、どうしても最後に一言言いたい場合は、自分から「最後に一言良いですか?」などと言って始めるのも一つの手です。

しかし、面接官も時間を考慮して面接を終わらせているので、あまり長々と自己PRをするなどの行為は避けましょう。

面接中に緊張してしまい、「最後に一言」を聞かれた時に頭が真っ白になることもあると思います。

しかし、どんなに何も思いつかなくても「特にありません」はNGです。

「最後に一言」は面接官からの評価を上げるチャンスなので、必ず何か言うようにしましょう。

考えてきた質問や自己PRを忘れてしまった時は、「是非御社で働きたいです!」「面接有難うございました!」だけでも良いので伝えるべきです。

POINT

✔最後の一言はないものだと思うべき

✔自分から機会を設けるのもあり

✔最後に熱意を伝えよう

「最後に一言」で合格をつかみ取ろう

画像

いかがでしたか。

面接が終わった、と思った時に「最後に何か一言ありますか?」と言われると、ドキッとしてしまう学生が多いと思います。

しかし、「最後に一言」は面接官からの評価を上げる最後のチャンスです。

この記事を参考に、しっかりと準備して臨むようにしましょう。

今まで「最後の一言」に動揺していた学生は、グッと面接通過率が高まることでしょう。