ホーム >> 就活コラム >> 大学生活 >> 大学生のうちにやるべきこと、やっておくべきこと|後悔しない就活術
更新日 2019.8.15

大学生のうちにやるべきこと、やっておくべきこと|後悔しない就活術

就活で、学業をアピールする学生がいますが、結論から言うと、それはナンセンスです。なぜなら学業に打ち込むことは学生ならば当たり前だからです。そこで、この記事では、学業以外でどのようなことを話せば就活で好印象を与えるのかについて解説をしていきます。

jobspring

JobSpring

【20/21卒の方は必見!】
★学生の満足度は驚異の95%!
AIマッチングで本当に合う企業が見つかる!
★提携会社数は約1000社を越え!

_

無料で就活のプロに相談 ▶︎

学業以外の経験が就活で役立つ理由とは

画像

就活では必ずと言っていいほどほぼ全ての企業で履歴書の提出を求められます。

その目的は勿論、その人の過去を知りたいからです。

しかし、企業にとって就活本来の目的は、”これからの企業を支える人材の確保”であり、その人の未来を見たいというのが本音です。

そのため、誰にでも書ける履歴書の情報だけではその人の特色が見えてこず、今後入社したとしてどんな働きぶりを見せてくれるか、という期待を膨らませることができません。

例えば、営業職で応募してきた大学生が「飲食店でアルバイトをしていました。

笑顔の接客には自信があります。」と書いたとして、果たして笑顔に自信があるのは本当にその方だけでしょうか。

世の多くの大学生が経験するであろうアルバイト、ゼミでの働きというのもまた、皆が似たような内容に偏るため、差別化するのは難しいでしょう。

面接官や企業の役員も同じ人間なのです。

エントリーしてきた多くの大学生の中から今後活躍してくれる人材を選ばなければなりません。

この人はこういう特色があるから自分の会社でもこのような働きをしてくれるのではないか、そんな企業にとっても選びやすい理由付けを想起させることで選ばれやすい人物になることができます。

上述の通り特色が大切であることはわかりました。

では、特色とはどんなことでしょうか。

人と違うことをしていることでしょうか。

もちろんそれも特色の一つではありますが、今回は就活という場面での特色です。

何も人と同じことをしないことが正解とは限りません。

誰もが経験することの中でも誰に言われるでもなく自分が特に気を付けていたこと、または多くの人がやっていることでも何か疑問に思っていたことがあり自ら行動を起こし、周囲を変えた経験があること等がこれに当てはまります。

例えば、先ほどの例を改良するのであれば、

「飲食店でアルバイトをしていました。入った時から笑顔が良いねとよくお客様から言われていました。そこで笑顔での接客に自信を持った自分は他のスタッフの笑顔がやや少ないのかもしれないと感じ、同じ店のスタッフにも常に笑顔で接することを意識していました。すると周囲のスタッフの笑顔も自然と増え、お客様からも評判を呼び、自分が入った時に比べて約1か月の間でリピーターのお客様が20%増えました。」

というようなことです。

最後の数字の部分はあくまで就活用のおまけのようなものですが、笑顔の力が変えた周囲のスタッフ、実際にお店が繁盛してきた実感、それは自分の笑顔の力だという確信が、「笑顔には自信があります。」の一言に真実味を与えます。

この人の笑顔は一級品だ、自分の会社に入っても、周囲の社員を笑顔にし、売り上げにも貢献してくれるのではないか、という期待を企業側にも想起させることでしょう。

決して難しいことではありません。

多くの大学生が経験する内容でも、自分の持ち味を生かして、”「自らの気づき」から「改善策」を見出し、結果として「売り上げを上げた」”という経験は企業経営にとって最も大切なプロセスです。

それを大学生の間に経験しているという強みは立派な特色と言えるでしょう。

そしてこれらのことは学業に専念しているだけでは決して得られない特色です。

先ほどのような例はあくまで一例ですが、かといって学生の本分である学業をおろそかにすることは決して得策とは言えません。

やるべきことはこなした上で、プラスアルファを取りに行くことが大切です。

大学生というのはとても忙しいものです。

学業はもちろんのこと、趣味やサークルやアルバイト、友人関係や先輩後輩等の人間関係も高校時代とは比べ物にならない程幅が広がり、多くの時間を費やすことでしょう。

そんな中でも、何か自分の没頭できるものを探してみましょう。

運動が好きならサークル活動や地域の運動クラブに入るもよし、読書が好きなら図書館・本屋を練り歩いたり、食べることが好きならおいしい店を捜し歩いてみるのも面白いかもしれません。

多くの人が経験するようなことでも、特に好きなことが見つかったらそれに没頭してみることです。

意外と多くの人が気づいていない発見があるかもしれません。

おいしい店を探すことにしても、世の中のグルメサイトに載っている場所だけではなく、歩いていてたまたま見つけたお店がどこにも載っていない隠れた名店だったり、というのも楽しみに変わっていき、どんどん深く掘り下げたくなってしまうかもしれません。

それこそが特色を生み出す第一歩です。

何かに没頭できるものが見つかったら、それを何らかの方法でアウトプットすることが大切です。

今ではSNSなどを通じて簡単に多くの人に情報を届けることができます。

また、そうでなくても友達に一声かけて一緒に楽しんでみる、またあえて一人で楽しんでいることをこっそりと日記につけてみる、そんなことでも構いません。

それが積もり積もって、いざ就活の時に自分の持ち味を伝えるための武器になります。

社会人の名刺交換のように、「自分はこういうものです。」という大学生にとっての名刺代わりのようなものです。

学業はもちろん大切な大学生の本分です。

しかし、学業に専念することだけが大学生活ではありません。

そして企業が求める人材もまた、学業だけを極めた人間とも限りません。

自分のやるべきことだけにとらわれず、自由な発想で就活に取り組んでみましょう。

POINT

✔他の学生と違う自分ならではの「特色」を語る事が重要

✔特色とは、決して、他の人にない特別な経験をしていることではない

✔自分なりに考えて、課題に向き合い、行動を起こした経験を語ろう!

インターンシップがおすすめの理由

画像

近年では就職活動を意識する大学生は非常に多くいますし、意識の高い大学生の場合1年生から就職活動を見据えて学生生活を送ります。

ひとえに就職活動を見据えた活動と言っても様々なことが挙げられるのですが、就活を間近にした大学生がやるべきこととしておすすめなのがインターンシップです。

別名を就業体験とも言うこの活動に参加するメリットなどについて解説していきます。

まずはインターンシップとは何なのかということから確認していきましょう。

インターンは就業体験のことを言い、インターンシップを実施している企業に応募し、審査を通過することで大学生は一定期間その企業の社員として働くことができる制度のことを言います。

正式な社員ではないのですが就職前に実務が経験できることもあって就職活動を控えた学生には人気がありますし、近年では大企業から中小企業まで様々な企業がこの就業体験制度を実施しています。

インターンシップに参加することで社会に触れることができるので、やるべきことがわからない大学生には特におすすめです。

インターンに参加することで得られるメリットとしては仕事とはどういうものなのかを肌で体験できることや自分が希望している職種や職業などの実態を就職前に体験できる点が挙げられます。

もともとインターンシップは大学生が企業や仕事に抱いているイメージと実際の業務や企業活動のミスマッチを減らす目的で始まり、実際に働くことで仕事や会社のことをリアルに知ることができるのです。

また社会人と直接関われる点も大きなメリットです。

大学生は大学生同士でしか交流がないケースが多いのですが、社会人と関わることで自分を大きく成長させることもできると考えられます。

就業体験制度を実施している企業は単なる慈善事業で実施しているわけではなく、参加した学生についてしっかりチェックしています。

インターンシップに参加した大学生やインターンシップで優秀だった学生に対しては個別にアプローチを行い、就活サイトなどに掲載されていない説明会や面接などに呼び個別にガイダンスや採用試験を行うことも珍しくありません。

就業体験制度に参加することでその後採用活動が有利に進む可能性が高くなると考えられるのです。

インターンシップは実際に企業の社員として働くことできるメリットがある一方で参加する際には知っておくべき事柄や理解しておくべきポイントが幾つもあります。

具体的にはどのような事柄を理解しておくべきなのかを解説していきます。

基本的にインターンは応募すれば誰でも確実に参加できるわけではありません。

参加を希望する場合にはエントリーを行い、その後エントリーシートなどを提出して選考が行われ選考を通過した学生のみが参加できるシステムとなっています。

特に長期間実施されるインターンシップの場合は書類選考だけでなく、面接試験が実施されるケースも多いため参加するためには入念な準備が必要なのです。

もしもインターンシップに応募したものの、選考漏れした場合にはその企業への就職意欲が減退してしまうリスクがあるのでくれぐれも気をつけましょう。

長期間実施されるインターンに参加する場合、業務をしっかり体験できるので参加するメリットは大いにあると考えられますが、実施期間が2日や3日などの短期間の場合、業務の体験ではなく会社の職場見学会のような内容となっているケースも多く、参加しても期待する体験ができないことがあります。

特に実施期間が1日のインターンシップの場合、就業体験ではなく単なる会社説明会であることが多いため注意が必要です。

インターンシップに参加する場合には応募前に具体的にどのような活動を行うのかやどの程度の期間インターンシップが実施されるのかをあらかじめ把握しておくことが大切と考えられます。

ひとえにインターンシップと言ってもその内容や実施される期間などは会社ごとに大きく異なります。

また会社によってはインターン参加期間中に給料が発生する有償型のインターンシップを実施しているため生活費や学費などを自分で稼いでいる大学生でも有償インターンシップであれば気軽に参加できるなどのメリットがあります。

インターンシップは参加することが目的ではありません。

参加することで自分がどのような体験をしたいのか、就業体験によって自分をどのように成長させたいのかをはっきりさせてから参加することが大切です。

目的意識を持って参加する場合とそうでない場合で、得られる経験値に大きな差が生まれるのです。

POINT

✔インターンでは、仕事とはどういうものなのかを肌で体験できる!

✔自分が希望している職種や職業などの実態を就職前に体験できる!

✔中には、その後採用活動が有利に進む可能性もある!

インターン以外でおすすめの経験は?

画像

大学生には多くの時間が残されています。

その中でもボランティア活動は就活において自分自身の自己PRの材料として扱うことも出来るためお勧めです。

ボランティア活動はアルバイトと違って無償で誰かの為に働きます。

アルバイトのようにお金が貰えるわけではないので、自分自身の意思と行動力の強さのために働くことからボランティア活動は多くの時間が残されている大学生にとって、とっておきのアピール材料です。

ボランティアの種類にもよりますが、就職したい業界の特性を見分けボランティア活動をすると就活時の面接において、話が盛り上がることがあり自分自身も話しやすい話題に持ち込むことが出来るため、ボランティア活動を行うことは重要なアピール道具の材料になります。

ほとんどの大学生はアルバイトを行っていると思いますが、アルバイトは複数の業種を出来る限り長い期間行うことが大切です。

アルバイトをいくつも長期間掛け持ちすることは難しいと思いますが、長期間行うものと短期間行うものを分けて行うことをお勧めします。

アルバイトを行うということはアルバイトをすればするほどその業界を知ることができ、長期間働くほどその企業の戦略や目指す方向性が見えててくるからです。

そのため、業界研究や企業研究がアルバイトを通して行えるので、改めて自分自身で業界研究や企業研究に時間を割かなくて良くなります。

そして、アルバイトは上司や先輩、後輩、お客様など様々な人と関わります。

気の知れた仲間以外と関わり、社会人になる前の訓練を行い、自分自身の手でお金を手に出来る経験ができるのはアルバイトしかありません。

本来、大学生のうちにやるべきことは勉学に励むことです。

そして大学にはそれぞれ専門機関があります。

それがゼミや研究室という場です。

ゼミや研究室は大学生が主体的となって活動でき、自分自身の研究したいことが研究できる場所でもあります。

大学生の間でしか研究に時間が取れることも少ないため主体的になって活動していくことが大切です。

しかし、ゼミや研究室は一人で活動を行うような場所ではありません。

様々な仲間と活動することが出てきます。

その時にゼミや研究室のリーダーやリーダーの補佐になるということが大切です。

リーダーやリーダーの補佐は仲間をまとめ一つの目標に向かわせる大切な役割を担います。

そして、困難が立ちはだかることもあり多くのことを悩みます。

しかし、この困難を解決し目標に向かって仲間を前に進ませることが出来た場合、自分自身の成長にも繋がりリーダーシップ力を身につけることが出来ます。

リーダーやリーダーの補佐にならなくてもゼミや研究室の中で自分が仲間に対してどのような振る舞いをしてきたか自分自身の立ち位置さえ理解出来れば、自己PRのヒントにもなり、就活の時に活動しやすくなります。

サークルや部活には出来るだけ入ったほうが就活の時に話のネタとして、話を広げることができます。

採用担当者はボランティアやアルバイト、ゼミや研究室など様々なことを聞きたいと思っていますが、サークルや部活の話は勉強以外で学生本来の興味があることを知ることが出来ます。

そのため趣味や特技、長所や短所など様々な方向に話を持っていくことも可能になります。

話の引き出し方としてはサークルや部活を行うことはとても重要な一つにもなります。

さらに、ここでリーダーとして活動したり、サークルや部活の活動が表彰されれば採用担当者の目に留まる可能性も出て、話をする際にも盛り上がることが出来る可能性があります。

普通自動車運転免許は出来る限り早い段階で習得する必要があります。

大学在学中には必須になるくらいのものなのでとても重要です。

就職後、会社には公共交通機関で行くことがほとんどですが、会社で回る営業や小売業など店舗があるような企業になると車で通勤になることがあります。

そのため、車を運転出来ないということは自分自身の将来の可能性を潰す可能性も出てきてしまいます。

なので普通自動車運転免許証は習得する必要があります。

しかし、早い段階で取れれば取れるほど自分自身を優位に見せることが可能です。

早い段階で習得することが出来れば、車の運転を多くすることができ運転に対しての恐怖心がなくなりスムーズに運転することがで出来ます。

そのような状態を採用担当者が知れば、車を多く使用する企業では事故を起こすことが少なく学生が社会人になった時に怪我をしたり、会社の車を壊す可能性が低いという判断がつきます。

そのため出来る限り普通自動車運転免許証は早く習得し、運転に慣れておくことが大切です。

POINT

✔ボランティア活動を行うことは重要なアピール道具になる!

✔アルバイトを通じて業界研究や仕事を学ぶことも出来る!

✔ゼミやサークルを通じて、リーダーシップを発揮する経験が役立つ!

迷ったときの選び方のポイント

画像

インターン先の選択で悩んだ場合は、自分自身を見つめ直すことが先決です。

企業のことばかり気にしているのが悩みに繋がっている場合が多くあります。

選べないと感じたときこそ、自分のことをよく考えてみましょう。

自分ことを考えるうえで重要なのは、インターンに参加したいと感じる理由を明らかにすることです。

周囲の大学生が参加するので、不利になるのを避けるために参加しようと考えている人も多いでしょう。

そうであるなら、なぜ参加するのかをよく考えてみてください。

知識やスキルを習得したいという動機や、できるだけ早く社会経験を積みたいという願望などに気付くことがあります。

動機や願望が明らかになったら、それらを叶えられる可能性が高いインターン先を選択すれば良いのです。

漠然と選択しようとしている場合と比べて、自分にとってプラスになるところを選べる可能性が高くなります。

インターン先を絞り切れない場合は、自分が好きなものをベースにして選択するという方法もあります。

たとえば本や雑誌が好きであれば、出版会社を選ぶと編集などの仕事を通じて、とても刺激的な体験ができるでしょう。

また、ゲームが好きであれば、ゲーム制作会社を選択すると興味を持って続けやすいです。

どの場合であっても、自分の好きなものを製造側から見られることが大きなポイントといえます。

就活だけでなくこれからの人生に影響が与えるケースもあるでしょう。

そういう意味では、大学生のうちにやるべきこととして非常に大切です。

好きなものを再認識することで、働きたい分野が明確になるメリットも期待できます。

業界はインターン先を選ぶ際に気にすべきポイントの一つです。

なぜなら業界によって、マナーや常識をはじめとして多くのことが異なるからです。

業界を重視して選択する方法について理解しておきましょう。

すでに働きたい業界が決まっている場合もあるでしょう。

しかし、希望している企業が必ずしもインターンを募集しているとは限りません。

その場合は、どの企業に申し込めば良いのか迷ってしまう可能性が高いです。

とりあえず大手が良いと考えて、他の業界を選択する大学生も見受けられます。

しかし、興味の薄い業界の企業を選ぶのは、たとえ大手であっても得策とはいえません。

まったく異なる仕事内容を経験しても、自分にとってプラスにならない恐れがあるからです。

それよりは小さな企業であっても、同じ業界で仕事を経験した方が成長につながることを期待できます。

業界の特色を把握することで、本命の企業にもアピールしやすくなります。

気になる業界はあっても、働きたいと強く感じるほどではないケースもあるでしょう。

その場合は視野を広げてみることも重要なポイントです。

むやみに業界を特定することは、自分の可能性を狭めることに他なりません。

どのような業界が存在するのかチェックすることが大事です。

そうすると働きたいと感じる業界が分かり、芋づる式に希望の企業も見つかるかもしれません。

インターンの募集が始まって多くの企業の名前が目に入ってきたら、いったん冷静になってください。

企業について調べる前に、業界について研究することを第一に考えましょう。

それで得た知識をもとに視野を広げて選択すると良いです。

同じ業界や規模の企業であっても、インターンを実施するスタイルには違いがあります。

迷っている場合は、それらの差をチェックして、自分にとってメリットが大きな企業を選ぶと良い結果になりやすいです。

いろいろ考えても選べない場合は、インターンの期間を比較して選ぶという手もあります。

企業によって実施する期間には違いが見られます。

たとえば1週間という短期間の企業もあれば、1カ月を超える長期間の企業もあります。

少しだけ体験したいのであれば前者を選び、大学生のうちから経験をしっかり積みたいなら後者を選ぶと良いでしょう。

また、前者のタイプの企業を複数選んで、いろいろな職場を経験するような方法も考えられます。

後者を選んだ場合は、大学生の間にスムーズに働き始められるほどの知識やスキルが身に付く場合もあります。

企業によってインターン中に実施するメニューはさまざまです。

あらかじめメニューを公開しているところもあるので、それを見てから選ぶのも賢い選択といえます。

たとえばソフトウェアのプログラムに興味があるなら、実際にシステムの開発に携われるメニューを用意している企業を選ぶと良いでしょう。

一部の工程だけに集中して担当させるケースもあれば、全行程を網羅的に体験させるようなケースもあります。

どのような過ごし方をしたいのか明確にしたうえで、それに合うメニューを用意しているところを選びましょう。

 
POINT

✔インターン選びに迷ったら、何のために参加するのか?に立ち返ろう

✔将来どのような業界で働きたいのか?という「業界」を軸に選ぶのも一手

✔どのような職能を身につけられるのかインターンの「メニュー」を軸に選ぶのも一手

まとめ

さて、いかがでしたか?この記事では、学業以外の経験を、就活でどの様にアピールするかについて解説をしました。この記事を参考に、うまく自分の経験をPR出来るようにしておきましょう。