ホーム >> 就活コラム >> 短期インターン >> ソニーのインターンで内定獲得?選考に通るためのES・面接対策とは
更新日 2020.9.25

ソニーのインターンで内定獲得?選考に通るためのES・面接対策とは

誰もが一度は聞いたことのあるメーカー、ソニー。

テレビや高音質イヤホンなど家電販売のイメージがありますが、金融や映画、ゲームに関する事業も行っています。

今回は、ソニーの基本情報、社風や選考に直結する確率が高いインターンシップの情報までご紹介します。

株式会社ソニーの特徴

  • 家電製品以外にも様々な事業を行っている
  • 自由に意見を出し合える環境
  • ワークライフバランスがとりやすい

ソニーの基本情報は以下の通りです。

正式名称 ソニー株式会社(SonyCorporation)
会長兼社長 吉田憲一郎(よしだけんいちろう)
社員人数 111,700名
本部所在地 東京都港区
業種 電気機器
事業内容 ゲーム&ネットワークサービス音楽
映画プロダクツ&ソルーションイメージングソルーション金融及びその他の事業

ソニーは東京港区にある日本を代表する会社です。

エレクトロニクス、映像や音楽以外にもインターネット、ゲーム、金融と様々な領域で事業を行っています。

ソニーには、自由に意見を出し合える環境があります。

社内には、社員交流を盛んにし、意見を出しやすくするCreative Lounge(クリエイティブラウンジ)や、思いついた意見をすぐに書き込めるようにするための黒板スペースがあります。

新規事業が生まれているのは、この意見の出しやすい社風があるからかもしれませんね。

また、ワークライフバランスがとりやすいという社風があります。

育児休暇や有休だけでなく、全職種対象で在宅勤務を採用しています。

また、配偶者の海外赴任や留学に最長5年まで同行できる制度やキャッシュレスで購入できる食堂も完備されています。

社員それぞれの生活スタイルやライフプランに合わせて仕事を自由に行うことができるのは魅力的です。

ソニーの公式HPには、以下4点が社員に求めることとして挙がっていました。

  • 夢と好奇心で未来を開拓し、人々の心を動かす
  • 多様性を生かし、異なる視点を取り入れベストなものを飽くことなく追求する
  • 倫理的で責任ある行動を体現し、ソニーブランドへの信頼を築き、高める
  • ソニーの持続的な成長のために、規律ある事業活動を行い、ステークホルダーへの責任を果たす

積極性や多様性を尊重するマインド、信頼関係の構築などが求める人材のキーワードになってくるでしょう。

ソニーのインターンの内容

  • 事務系コースと技術系コースがある
  • 課題解決型のグループワーク
  • 技術系は充実のインターン数
  • 座談会もあり

21卒向けのセールス&マーケティングコースの情報です。

対象者 21卒
定員 50名程度
会場 大崎町
日程 2月上旬(1日間)
インターン内容 事業紹介座談会提案ワーク
選考の流れ エントリーシートのみ

課題解決型のグループワークがあるので、濃い時間を過ごすことができそうですね。

インターン後は座談会があります。

21卒向けのハードウェアコースの情報です。

対象者 21卒
定員 30名程度
会場 ソニーシティ大崎
日程 1月下旬(1日間)
インターン内容 会社概要説明会
製品体験
オフィス見学
座談会
選考の流れ エントリーシートのみ

まず、職種ごとの説明や会社についての説明があります。

オフィス見学やテレビ・オーディオなどの製品体験を終えた後、座談会に参加できますよ。

過去に行われた、職場密着インターンの情報です。

対象者 大学、大学院、高等専門学校専攻科のいずれかに在学中の方
定員 50名程度
会場 本社テクノロジーセンター品川シーサイドビジネスセンター大崎など
日程 2020年8月~9月
インターン内容 社員と同じように業務に取り組む
選考の流れ ①エントリーシート
②インタビュー

2週間ソニーの職場に入り、社員の方と同じ業務を経験することができます。

技術職向けのインターンになります。

コースは全部で65個あります。

下記はコースの一例です。

  • ソフトウェア設計
  • 画像情報処理
  • データ分析、機械学習
  • 電気設計
  • メカ・メカトロニクス
  • 光学設計
  • 医療光学
  • 生命科学
  • 品質保証
  • 無線設計
  • 電気設計
  • メカ設計
  • クラウド・ソフトウェア設計
  • ソフトウェア設計
  • 音響開発設計
  • 光学・パネルデバイス設計
  • アプリケーション設計
  • AI・コンピュータービジョン設計
  • 無線・通信・センシング技術

どのコースも、それぞれの業務・分野に関する興味関心や、専門知識・開発経験を活かせるインターン内容になっています。

過去に行われた、オープンハウスインターンの情報です。

対象者 理工学系専攻で、UI/UXデザイン人間中心設計(HCD)ユーザビリティ人間工学認知科学などを学んでいる人
定員 45名程度
会場 オンライン
日程 2020年8月下旬~9月中旬
インターン内容 業界動向などのセミナー技術デモ社内見学座談会
選考の流れ エントリーシートのみ

こちらも技術職向けのインターンです。

2020年のコースは1コースのみでした。

UI/UXデザイン・人間中心設計コースでは、コンシューマー視点で製品・サービスを設計し、質の高いユーザー体験を実現する業務内容を体験できます。

社内見学だけでなく、技術紹介や商品デモを見たり聞いたりすることができます。

また、エンジニアとの座談会もあります。

ソニーは技術職向けのインターンが多いです。

リアルな仕事のイメージが掴める濃縮プログラムになっています。

ソニーのインターンシップの選考対策

  • ガクチカと志望動機は必須
  • ソニー製品に関する知識も必要
  • 思考力・提案力が試される質問も
  • 面接はESの深堀りがメイン

2019年に出されたESの質問は以下の通りです。

  • ゼミ・研究室で取り組まれている内容をご記入ください。
  • ※理系の方で研究室に所属している場合は、必ず研究内容をご記入ください。

  • 卒業/修士論文や、学科/専攻の授業の中で、最も力を入れて学んでいるテーマの概要を記述してください
  • 志望動機をご記入ください
  • これまでの学生生活であなたが力を入れて取り組んだこと、もしくは、現在地からを入れて取り組んでいることについてご記入ください
  • ※ご記入いただく内容は、学業でも学業以外でもどちらでも構いません。

身の回りのソニーの製品やサービスについて、改革や改善が可能だと考える点を具体的な改善案を用いて提案してください。

世の中に存在する技術やサービスとコラボレーションすることで、よりよいプロダクトを生み出せるような提案も歓迎いたします。

なお、提案にあたっては、その案が経営に与える良い効果についても説明してください

特定の顧客セグメント(例:大学・企業・美術館・博物館・教会)を設定し、お客様にとってのゲインポイント/ペイポイントを定義した上で、どのような製品・サービスを提供するか提案してください。

また、ビジネスを効率よくスケールさせるため、どのようなパートナーシップ戦略を取ればよいか提案してください。

興味・関心のあるカテゴリーを選択し、選択した領域・カテゴリーで最近注目しているプロダクト・サービスとその理由を記述してください。

志望動機やガクチカなどの一般的な質問と、ソニー製品の改善案の提案などの思考力が問われる質問がありました。

インターンシップのエントリーシートとしては、質問数が多いと思います。

どの設問にも論理的で分かりやすい解答を心掛けましょう。

ソニーでは居住地によってウェブ面接が可能になっています。

面接時間は30分で面接官対学生が3~4対1で行われます。

2019年に出されたESの質問は以下の通りです。

  • 研究内容
  • インターンでやりたいこと
  • 他にどんなインターンに行ったことがあるか
  • 志望理由は?
  • チームで何かを達成した経験は?
  • 逆質問

事前に提出したESに沿って面接が行われます。

志望理由やガクチカ、研究内容を言葉で説明する質問は必ず出ると思っても良いでしょう。

また、どうしてその研究を始めたのか、楽しい点と苦労した点は?など深堀りする質問も聞かれます。

最後に逆質問の時間が取られるようなので、事前に準備して面接に臨みましょう。

ソニーのインターンは内定に直結するの?

  • 選考に関係する確率は高い
  • プレゼンや懇談会は社員さんと関わるチャンス

内定に関係する可能性はあります。

ソニーの1dayインターンでは、チームワークがあります。

各チームが課されたお題に関する解決策を考え、プレゼンを行うというものです。

そのプレゼンで優秀な成績を収めたチームまたは個人は、インターン後に面談に呼ばれたそうです。

また、インターンの内容や日程にもよりますが、インターンシップ後に社員を交えた懇親会が開催されます。

入社数年目の若手社員さんから中堅の社員さんまで交流をすることができます。

そこで社員さんと仲良くなって面接に呼ばれることもあるそうです。

その他にも、このような口コミがありました。

本選考時に二次面談スタートになった。

二次面談スタートになっていない友人もいたので、インターン中の評価は影響していると考えられる

引用元:ワンキャリア

口コミではありますが、実際に選考課程をパスできたという事実も見つけることができました。

内定直結とまでは断言できませんが、インターンに参加しておいて損はないでしょう。

ソニーのインターンに参加した学生の口コミ

  • 社員の方と話す機会が多い
  • 体系的なフィードバックを貰える
  • 懇談会がある

レベルの高い学生が多く、マーケティングを専攻している人も多かった印象でした。

全体的に見ても、とてもプレゼンが上手な学生が多かったです。

ワーク後に、懇親会があり、オードブルやドリンクが提供されました。

引用元:ワンキャリア

社員さんがとても優秀で個性的であるのが印象に残っている。

ワークショップのプレゼンに対するフィードバックも体系的かつ具体的にもらうことができ、とても参考になった。

インターンを通して数多くの社員さんと話す機会があったのもとても良かった。

引用元:ワンキャリア

チームでの作業では、しっかりと自分の意見を伝えることを意識した。

社員さんからアドバイスをいただく時はしっかりと聞き、改善できないかグループで考えた。

発表は、ハキハキ話すことを心がけた。

また、他のチームの発表に対する質問もした。

引用元:ワンキャリア

レベルの高い学生に出会えた点や社員の方との関わりが多かった点が好評でした。

インターンを通して志望度が高まったと答えた学生も多かったです。

グループワークで体系的なフィードバックを貰うことができるのがいいですね。

まとめ

いかがでしたか?

選考課程をパスできるかもしれないソニーのインターン。

社員の方から体系的なフィードバックをいただけたり、交流会でリアルな仕事について聞くことができますよ。

また、レベルの高い学生と意見交換もできます。

論理的で分かりやすいESを準備して、インターン選考に臨みましょう。